眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト

眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

総合ポータルサイト

サイトマップ

眼瞼下垂治療でまぶたの悩みをスッキリなくそう

眼瞼下垂のポータルサイトまぶたが重く感じる、目が開きにくい(眠そうな目に見える)『眼瞼下垂』について、原因や治療法、費用などの情報を紹介しています。

眼瞼下垂の治療で評判の美容外科や、治療を受けた方の口コミも調べましたので、ぜひ参考にしてみてください。

眼瞼下垂治療の名医がいる美容クリニック一覧

そもそも眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、何らかの原因でまぶたの筋肉が垂れ下がった状態のことを言います。

そのため、見た目の印象が悪くなってしまうのが悩ましい問題です。(例:目つきが悪くなる・目が小さく見えるなど)

この眼瞼下垂には、「先天性」と「後天性」があります。「先天性」は生まれながらに発症しますが、「後天性」はライフスタイルや老化に伴う筋力の低下などが原因で起こります。

また、パソコンの長期使用やハードコンタクトを着用することで、若いうちから眼瞼下垂になる人も増えていると言われています。

下にある症状があるかどうか、鏡に向かってチェックしてみてください。もしひとつでも当てはまるようでしてら、眼瞼下垂の疑いがあります。

  • まぶたが重く感じる
  • 黒目が小さく見える(上まぶたが黒目にかかっている)
  • 上まぶたがくぼんでいる
  • 片方の目がしっかりと開かない
少しでも不安を感じる人は

もっと詳しい自己診断チェックへ

放っておくと、目を開くことで額(おでこ)のシワが増えて老け顔に見えたり、肩凝りや頭痛の原因になることも。なるべく早めに治療をして、毎日を快適に過ごしましょう。

最短20分で完了!切らない眼瞼下垂治療

眼瞼下垂は美容外科での治療がおすすめ眼瞼下垂の治療法は、切開をする手術が一般的です。ですが、最近では切らなくても治せる治療法があります。

『埋没式挙筋短縮法』と呼ばれるこの治療は、糸を使ってまぶたの筋肉を収縮させるというもの。両目で約20分で完了し、治療後の傷跡や腫れはほとんどありません

「忙しくてダウンタイムが取れない」といった悩みをお持ちの方にピッタリです。もちろん次の日からメイクをするのもOK。満足できない場合は元に戻すこともできるので、眼瞼下垂でお悩みの方にはイチオシの治療法なのです。

ですが、この治療ができるクリニックは限られています。おすすめの美容外科一覧ページでは、切らなくても治療が受けられるクリニックも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

眼瞼下垂の治療が受けられる!
オススメクリニックBEST5

眼瞼下垂症の手術の方法 眼瞼挙筋腱膜前転術

形成外科では多く用いられている術式で、眼瞼下垂の治療としては一般的となっています。まず瞼板と呼ばれる部分にくっついている腱膜を剥がします。そして、さらに腱膜とくっついているミュラー筋も剥がし、腱膜だけになったところで前転させて瞼板に固定させるという手術です。

切開をして行うため、二重のラインがなくなることはなく、瞼を引き上げる腱膜が短くなるため、少しの力でも瞼を開けやすくなります。今まで重かった瞼が軽くなったと感じられ、二重になることで見た目も大きく変わります。今まで頑張って開けていたことで起こっていた頭痛や肩こりなども改善するでしょう。

ただし、術後に左右差が出る可能性もあります。左右差は自分自身で修正していくこともできるのですが、左右差が術後しばらく経過しても改善していかないこともあります。その場合は手術をすることも考えなくてはいけません。

このように、まず3ヶ月ぐらいは状態を確認しながら、半年経っても左右差が改善しないという場合は手術が必要です。

眼瞼下垂症の手術の方法 眼瞼挙筋短縮術

重度と判断された眼瞼下垂に用いられることが多い手術です。腱膜が伸びてしまっているので、一度瞼板から剥がしてしまいます。そして伸びていて邪魔になっている部分を切り取って腱膜を短くした状態で再度瞼板に縫合するという手術です。

重度の眼瞼下垂の人にも最適な治療法ではありますが、短縮できる長さにも限界があります。

挙筋腱膜を引き下げつつ、ある一定量を短かくし、瞼板に逢着します。短縮した量は最初5~7mm程度からはじめます。患者さんには、都度目を開けてもらいながら調節していきます。ただし、最大でも12mm程度が限界のようです。

このように、それ以上眼瞼下垂が発生している場合は、短縮するだけでは理想通りの目元にならない可能性もあります。どの程度短縮をさせる必要がある眼瞼下垂なのかをチェックしておきましょう。

また瞼を切開しているので、わずかとはいえ切開の跡は残ってしまいます。術後どのような状態になるのか、どんなリスクがあるのかは知っておかなくてはいけません。

眼瞼下垂症の手術の方法 前頭筋吊り上げ術

前頭筋吊り上げ術を使うのは、瞼をあげる筋肉がとても弱っている、もしくはない場合のみです。そのため、先天性の眼瞼下垂に対して適用となることが多いでしょう。瞼の筋肉は働いていないため、瞼と前頭筋の間に、太ももから採取した筋膜を移植します。おでこを使って瞼を持ち上げれるようにする手術です。

瞼の力が極端にない時でも、前頭筋吊り上げ術なら瞼を持ち上げられるようになるため、先天性の人には最適な治療法といえるでしょう。

しかし、問題もあります。通常は眼瞼下垂の手術なら局所麻酔で行われるのですが、前頭筋吊り上げ術は違います。手術は全身麻酔で行われますし、太ももの筋膜を移植することから全身にかかる負担は大きい手術です。

それ以外にも、術後のリスクはあります。

閉瞼時の兎眼は挙筋短縮術より少なく、正面視、上方視と上眼瞼は前頭筋の動きに連れて挙上されますが、下方視でも前頭筋が収縮した状態が続くと、上眼瞼の下がりが悪い欠点もあります。

出典:日本形成外科学会
http://www.jsprs.or.jp/member/disease/congenital_anomaly/congenital_anomaly_03.html

というように、開けやすくなっている反面、下を向いた時でも下がりにくくなる、という可能性はあるでしょう。この辺りは治療を受ける前にクリアにして、納得してから手術を受けましょう。

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト