眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

病院・形成外科

形成外科や眼科など、病院で眼瞼下垂手術を受ける場合の特徴、メリット・デメリットなどをまとめました。

形成外科での眼瞼下垂治療の特徴

形成外科の仕事は、メスで切開したり縫合したりすることです。普通の外科との違いは、形成外科のほうが縫い方が丁寧な傾向にあるということです。

形成外科の眼瞼下垂治療で有名なのは、信州大学の松尾教授です。松尾教授は、形成外科での眼瞼下垂手術ブームに火を付けた方といっても過言ではないでしょう。

この場合の眼瞼下垂の位置づけは、基本的に「病気」です。「ケガをしたから病院で治療してもらおう」というのと同じで「眼瞼下垂だから病院で治療してもらおう」という感じです。

従って、この場合の特徴は、眼瞼下垂の改善が第一の目的であり、美容面の重要度は低いと言えるでしょう

メリットとしては、保険が適用されるということです。病気扱いなのだから当然と言えば当然ですね。

眼科の眼瞼下垂治療の特徴

眼科での眼瞼下垂の治療眼科の場合も形成外科と同じで、眼瞼下垂は「病気」です。
保険も適用されますし、保険診療であるがゆえのデメリットも同様とみてよいでしょう。

ですが、眼科ではほとんど眼瞼下垂の治療は行いません。もともと眼科は切ったり縫ったりすること自体、あまりしないのです。

でも稀に、目の機能にかかわることから手術をする病院やクリニックもあります。治療の方法は、基本的には形成外科と同じです。

単なる機能回復という面だけを重視するなら、形成外科か眼科で手術を受ければ、保険も適用されますし敷居もそれほど高くないかもしれませんね。

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト