眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

治療の不安を解消!眼瞼下垂しつもん箱

 眼瞼下垂の治療を受ける際に、知っておきたい基礎情報をピックアップ。手術のリスク、ダウンタイムの期間、治療体験者の口コミなどをまとめました。

治療を受ける前に知っておきたいこと

眼瞼下垂の治療を受ける際にまず知っておきたいのが、治療法によってリスクやダウンタイムが異なるということ。

一般的な切開手術と切らない治療法に分けて紹介すると、以下のような特徴があります。

切開手術(挙筋短縮法)

  • 治療時間は1時間ほど
  • 治療後は腫れや痛みがある
  • ダウンタイム(腫れが引き、傷跡が目立たなくなるまで)は約1~3ヶ月ほど。
  • やり直しがきかず、ごくまれに傷跡が残ることもある

切らない治療法(埋没法など)

  • 治療時間は20~30分ほど
  • 治療後の腫れはほとんどなく、傷跡も残らない
  • 仕上がりが気に入らない場合はやり直すことができる

腱膜を移植するなどの特殊な方法を覗いては、基本的にはどちらも局部麻酔で短時間(日帰り)での治療が可能です。

手術による視力低下などのリスクはほとんどないので、安心して受けることができますね。

ただし、正常な目元に戻るまでのダウンタイム、傷跡や腫れの有無などは切開手術と切らない治療法では大きく異なります。

以上をふまえて、一度クリニックで自分に最適な治療法は何かを相談してみるのがおすすめです。このカテゴリでは他にも、実際に治療を受けた方の症例写真や口コミなども紹介していますので、ぜひこちらも参考にご覧くださいね。

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト