眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

腫れやダウンタイムはどれくらい?

眼瞼下垂の治療を受けるにあたって、腫れがどれくらいあるか、一般的なダウンタイムの期間をリサーチ。忙しい方へのイチオシ治療法なども紹介しています。

眼瞼下垂の手術後について

眼瞼下垂の治療を受ける際に、忘れずに頭に入れておきたいのがダウンタイム

このダウンタイムとは、治療を受けた日から正常な目元に戻るまでの期間のことを言います。通常の眼瞼下垂の切開手術では、ダウンタイムは1~3ヶ月ほど。

治療後3~5日は患部に腫れが出て、5~10日で抜糸。腫れや痛みが引いて自然な目元に戻るまでは、早い人でも1ヶ月ほどかかると言われています。

とくに抜糸までの期間は、目元に刺激を与えるような行為はNG。女性の場合、アイメイクができないのでストレスを感じたり、仕事に行きづらいこともあるかもしれませんね。

また、腫れや痛みが強い場合は見た目でわかるほどに印象が変わってしまうこともあるようです。

切らない手術なら腫れもダウンタイムを気にしない

埋没法などのメスを使わない治療の場合、手術後の腫れやダウンタイムはほとんどありません

まれに腫れる場合などもあるそうですが、まぶたの裏側から糸を通すため抜糸の必要がなければ、傷跡の心配もいりません

治療後は、当日のお風呂を控えましょう。もしも入る場合は、目元を濡らさないように注意してください。アイメイクは翌日からOKです。

腫れや違和感が非常に少ないので、仕事で忙しい男性にもオススメ!

また、切開手術と違って手術をしたあとで目元の仕上がりを確認して決められるので、自分好みの目元を作りたい方などにも最適な治療法かなと思います。

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト