眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

アイプチで伸びた皮膚は戻せるの?

眼瞼下垂の理由はいろいろありますが、その一つといえるのがアイプチに関することです。アイプチといえば、手軽に二重のラインが作れるアイテムとして愛用している方が多いものの、まぶたの皮膚が伸びるリスクがあります。

アイプチで皮膚は伸びるのか?

そもそも、本当にアイプチで皮膚が伸びるのでしょうか。これは残念ながら本当のことです。アイプチとは二重のラインができるようにまぶたをのりで接着させるアイテムなのですが、この状態で目を閉じると皮膚が引っ張られます。

人は毎日たくさんのまばたきをしています。そのたびに皮膚が引っ張られる状態になるのです。これならば皮膚が伸びるのも当然のことだといえるでしょう。 アイプチに限った事ではなく、皮膚を接着させて二重のラインを作る二重用アイテムを使っている場合はまぶたの皮膚が伸びるリスクがあります

アイプチがもたらす皮膚へのダメージや影響

アイプチはまばたきをしても作った二重のラインが取れないくらい強力な接着剤です。だからこそ目力をアップさせるために使っている方が多いのですが、なかにはアイプチを1回使っただけでまぶたが赤くなったり、腫れ上がってしまう方がいます。 接着剤をまぶたに塗るわけなので、肌が弱い方は十分に注意をしておかなければなりません。

まぶたの皮膚が伸びてたるんでくると、今度はさらにアイプチでくっつけなければならない皮膚が増え、こういったことを繰り返していると眼瞼下垂になる可能性があります。 そのような状態になってから「アイプチなんて使うんじゃなかった…」と後悔している方がたくさんいるのも事実です。

原因と改善方法

大きな原因は接着剤でくっつけている皮膚を無理やり伸ばしていることにあります。実際にアイプチをした状態で目を閉じていると突っ張っているのを感じるでしょう。 人によってはまぶたが厚くなり、かなり重い状態になることもあります。すると、アイプチをし始める前の状態の方が明らかに目がパッチリしていた…というケースも少なくないのです。 それから、アイプチによってまぶたがかぶれるものの、それでも使い続けている方はさらに注意が必要になります。まぶたの腫れやかゆみが気になって目を擦ることもあるでしょう。

この時に、まぶたにたくさんの刺激を与えると上瞼を持ち上げる働きを持った眼瞼挙筋という筋肉が緩んでしまい、眼瞼下垂に繋がることもあります。 一度たるんでしまった皮膚は自力ではなかなか戻りません。 ただ、ごくまれにまぶたの保湿を丁寧に行っていたところ、たるみが少しずつ元通りなった方もいるようです。

眼瞼下垂の手術がおすすめ

アイプチを使い続けたことが原因でまぶたの皮膚が伸び、眼瞼下垂の状態になっているのであれば手術で改善しましょう。眼瞼下垂状態でもアイプチを行えば確かに目が大きく見えますし、目力アップします。ですが、そのまま継続してアイプチを行っていれば状態が悪化するのは避けられません。

眼瞼下垂の状態が悪化すれば視野が狭くなり、アイプチをしなければ人に会えないような顔になってしまう可能性もあります。 せっかくなら、すっぴんでも自信が持てる目にしたいですよね。 また、眼瞼下垂の手術では同時に二重のラインを作ることも可能です。腫れぼったい目の問題を解消した、パッチリ二重を手に入れられる方法となっているため、アイプチを卒業しましょう。

アイプチを継続していれば二重のラインがつくのでは…と思っている方もいるかもしれません。確かにアイプチを使い続けたところ二重になった!という方がいますが、それよりもはるかにまぶたの皮膚が伸びて悩んでいる方の方が多いです。 自分の目に自信を持つためにもアイプチを卒業し、まぶたのたるみが発生しているのであれば眼瞼下垂の手術を検討してみましょう。

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト