眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

眼瞼下垂と偏頭痛の関係とは?

眼瞼下垂と偏頭痛という、一見、あまり関係のないような2つの症状が、実は密接に関わっていることが分かってきました。ここでは、眼瞼下垂と偏頭痛がどのように関係しているのかについて、解説してみようと思います。

眼瞼下垂がなぜ偏頭痛を引き起こすのか?

眼瞼下垂は、まぶたを持ち上げる筋肉がなんらかの原因で弱ってまぶたを持ち上げられなかったり、まぶたの皮膚が伸びてしまって持ち上げることができなくなったりして、眼球にかかってしまうことで視野が狭くなってしまう病気です。

ですので、眼瞼下垂の主な症状は視野が狭くなるというものなのですが、それだけではないことが分かってきました。眼瞼下垂を主訴とする患者さんの多くが、偏頭痛や肩こりを訴えることが多いのです。

眼瞼下垂で偏頭痛が起こる理由

解剖学的な話になりますが、そもそも、まぶたを持ち上げているのは上眼瞼挙筋とそこから伸びた腱膜、ミュラー筋と腱板、この4つの組織の働きによるものです。

上眼瞼挙筋と腱膜とミュラー筋とがうまく連動してまぶたを持ち上げていて、腱膜にくっついている腱板が、まぶたが上がったり下がったりするのを滑らかに行えるように働いています。

しかし、目を擦ることが多かったり、ハードコンタクトレンズを長期間使っていたりすると、上眼瞼挙筋に続いている腱膜が腱板から離れてしまって、途端にまぶたは上がりにくくなってしまいます。

瞳孔の上までまぶたが上がることがなくなりますので、顎を上げて物を見るようになる人も多いです。まぶたは、もう一つの筋肉であるミュラー筋だけでも上がらないことはないのですが、ミュラー筋だけを使っていると、この筋肉を支配しているのが交感神経であるために、それが常に緊張状態を強いられることで、首や肩の筋肉の凝りが起こり、血行が悪くなってしまうのです。それが原因で、偏頭痛が起こってくる、というわけなのです。

偏頭痛が起こると、頭全体が一日中ずっと痛んでいる人もいますし、頭の一部分だけが痛んだり緩和したりを繰り返す人もいます。 いずれにしても、眼瞼下垂の治療を受けることで、偏頭痛も肩こりも取れていきます。

眼瞼下垂は体全体から見れば局所的な変化だが,手術によって視野の改善に留まらず長期の頭痛や羞明,肩こりなどの治療効果が期待できることが分かった。

出典:『肩こりと眼瞼下垂』 東京慈恵会医科大学 第127回成医会総会一般演題 2010
http://ir.jikei.ac.jp/bitstream/10328/6479/1/125-6-197.pdf

眼瞼下垂の治療で消える症状は片頭痛だけじゃない

眼瞼下垂で引き起こされる症状は片頭痛の他にもあります。視野狭窄や首・肩のコリの他に、睡眠障害、自律神経失調症、気分障害、めまい、顎関節症、顔面の痙攣などなど様々なものがあります。

「なぜか寝付きが悪い」「なんだか気分がすぐれない」「歯が痛いけどどこも悪くないって…」「体全体が重苦しい」などと訴えていた眼瞼下垂の患者さんが、治療をすることで「目の前が晴れて、やっと朝が来た感じ」「心身ともにスッキリしてます」「ぐっすり眠れるようになりました」という風に変わっていくのです。

想像以上に眼瞼下垂は全身に影響を及ぼしていますし、それを治療することで想像以上に効果があることが分かります。

眼瞼下垂かな?と思ったら早めに治療を

眼瞼下垂になってしまったら、通常、様々な症状を併発しているはずです。これらは、眼瞼下垂を治療すればウソのようになくなってしまうことがほとんどです。

特に、現代は高齢化社会で加齢による眼瞼下垂を起こしている人が多く見られます。 その高齢者の不定愁訴は、もしかしたら眼瞼下垂が原因かもしれません。

もちろん高齢者だけでなく、眼瞼下垂に何らかの心身の不調を抱えて困っている場合には、早めに専門医に相談することをおすすめします。

眼瞼下垂が治ることで、他のところもすっきりと治ってしまう可能性が高いです。 目元ですから、見た目の問題もありますし、外科的に治療を行うとなれば恐怖心もあるでしょうが、少しの勇気が明日からの生活を変えるきっかけになるかもしれません。

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト