眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

眼瞼下垂の治療にかかる費用をリサーチ

 眼瞼下垂の治療費に関する不安を解消するべく、手術法ごとの料金相場、保険診療と自由診療の違いなどを調査してみました。

眼瞼下垂の治療費に関する不安を解決!

眼瞼下垂の治療を受けるうえで気になるのが、料金についてですよね。

治療費って一体いくらかかるの? 保険が適応になるのはどんな場合?など、料金に関する疑問を持っている方も多いと思います。

まず、治療費についてですが眼瞼下垂の治療というと、手術が一般的ですからそれなりのお値段はかかってしまうものです。

例えば、最もスタンダードなタイプの切開手術で約50~70万円ほど片目の場合は30万円ほどで受けられるところもあります。最近では、まぶたを切開せずに行う「切らない手術」が受けられるクリニックも増えています。抜糸などのダウンタイムがなく、その分お値段もお安く受けることができておすすめです。

保険診療については、大まかにいうと目が半分閉じているような重度の眼瞼下垂でない限り適応にならないようです。とは言っても、見た目的に美しさを重視してくれるのは自由診療。個人的にはあまり保険診療にこだわらなくて良いのかなと思います。

都内クリニックの眼瞼下垂の治療費一覧や、保険が適応されるケースなどについてもくわしく紹介しています。ぜひここで、皆さんの治療費に関する不安を解消してくださいね。

治療にかかる費用

眼瞼下垂の治療をしたい…と思っても、ネックになってしまうのがその費用です。お金がかかりそうでためらっている人も多いのではないでしょうか。費用が明確になっていれば、ある程度かかる値段もわかりますし、用意しておくべき額もはっきりして安心です。

治療費の相場は地域や治療方法によっても異なります。切る治療法と切らない治療法で比べれば、やはり切る治療法のほうが高くなりやすいでしょう。切る治療法のほうが確実に眼瞼下垂を改善できるとされていますが、最近人気が高いのは切らない治療法です。

理由としては費用が安いことも1つの理由ですが、治療時間が短くて体にも負担が少ないという点も支持されています。切る治療法では、しばらくは目の腫れも続いて日常生活を普段通り送ることは難しいのですが、切らない治療法なら翌日から普段と同じようにメイクができることも。もちろん術後の状態は人によっても異なりますが、比較的軽い症状で回復に向かっていきます。

どんな治療法を行うか、どれぐらいの費用がかかるのかはクリニック・病院によっても違います。まずはそれぞれのクリニック・病院を比較してみて、自分が希望する眼瞼下垂の手術が受けられるかどうかを確かめましょう。

また、医師がどれだけ経験を積んでいるかも見極めるための大事なポイントです。丁寧に対応してくれるか、行っている治療法に関してちゃんとした知識と技術があるかどうかも確認してくださいね。

>>さらに詳しく「治療にかかる費用」について知りたい人はこちら 

自由診療と保険適用治療の違いとは

眼瞼下垂の治療には、自由診療と保険適用治療の2種類があります。一般的な治療は保険適用治療ですね。一方で自由診療は、保険が適用されません。そのため、自費で治療費を全額支払うことになります。費用の面で考えると、保険が適用される治療の場合は一般の人なら約3割程度の治療費を支払うだけでOKなので、金銭的負担は軽減されるでしょう。その差はおよそ10倍ともいわれています。

保険が適用とされるかどうかは、状態によってことなります。明らかに日常生活に支障が出ている状態は適用です。まぶたを開けることができない、視界を遮っているというような状態ですね。一方で、少しだけまぶたがかぶっているとか、目を大きく見せるために手術をしたいという希望があると自由診療となってしまいます。

それだけ費用が違うのであれば、保険適用となる治療を受けられたほうがいいのではないか…と思うところですが、実は自由診療だからこそできる治療法もあります。それが見た目の美しさにこだわった治療法です。眼瞼下垂で悩んでいる人の多くは、機能性を高めたいのと同時に見た目を美しくしたいと考えているはず。でも、保険での治療になると見た目を意識した治療はあまり行われません。まずは機能性を高めることが最優先とされているので、仕上がってみたら左右で目の大きさが違うとか、二重が不自然…という可能性も。

そうならないためには、自由診療で二重の幅やラインにこだわったり、左右のバランスを整えたりといった治療のほうが好ましいといえるでしょう。特に切開をしてしまう治療を保険で受けるときは要注意。一度切開してしまったものを元に戻すのは不可能に近いです。

それから費用が10倍と考えると高くてためらってしまうかもしれませんが、状態によってかかる費用もそれぞれです。また、見た目を美しくすることで自分に自信がつくなど、期待以上の効果は得られるはずです。

費用と相談して、自由診療にするか保険適用治療にするかを決めましょう。

>>「自由診療と保険適用治療の違いとは」について、もっと詳しく知りたい方はこちら

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト