眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

自由診療と保険適用治療との違いとは

眼瞼下垂の手術において、どのような場合に保険が適応になるか、自由診療との違いについて調べました。

眼瞼下垂の手術が保険適用になる場合とは?

眼瞼下垂の治療(手術)は、保険が適用されるケースとそうでない場合(自由診療)の2種類に分かれます。

お値段は、自由診療では両目の治療で約50万円保険診療は約5万円10倍近くも違いますから、きちんと違いを知っておきたいところです。

一般的には、次のような病気の程度で保険適応と判断されるようです。

  • 自力でまぶたが開かない
  • 上まぶたが垂れることで視界が遮られる
  • 瞳孔(黒目の真ん中部分)までまぶたが被っている

その他には、筋力チェックをしたり目薬の点眼によって目の開き具合をチェックして判断することもあるのだそう。

いずれにしても、重度の眼瞼下垂でないかぎり保険診療にはならないそうです。

少し目に瞼(まぶた)がかぶっている、目を大きく見せたい、など軽度の眼瞼下垂や美容目的などの場合は、すべて自由診療になります。

見た目の美しさにこだわるなら自由診療がおすすめ

眼瞼下垂の手術で保険が適用されるケースとは。一見費用が安い保険診療は魅力的に思えますが、必ずしもそうとは言えないようです。

保険適応になる場合の治療は、ほとんどが切開手術。半分以上目が垂れているような状態からパッチリとした二重になるので、仕上がりに違和感を感じる人も多いのだそう。

自由診療の場合と違って、「自然な二重にしたい」「左右の差をなくしたい」などの、外見的な要望はほとんど聞いてもらえないそうです。

せっかく手術をしても、見た目が良くなくて再手術が必要というのは残念ですよね。それに、切開の場合は元の状態に戻すことが不可能に近いと言われています。

初期費用は少し高くなりますが、より魅力的な目元を手に入れるなら自由診療がおすすめです。

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト