眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

先天性眼瞼下垂

生まれつきまぶたが開きにくい『先天性眼瞼下垂』について、特徴や治療法を調べました。幼少期に治療を受ける際の注意点などもまとめています。

先天性眼瞼下垂の特徴

先天性眼瞼下垂先天性眼瞼下垂とは、生まれつきまぶたが垂れ下がっている(黒目にかかっている)状態のことを言います。

正面を向いたときにまぶたが黒目より上に上がらない、極端に目が細い、視野が狭い、場合などはその可能性が高いのだそう。

具体的な原因は解明されていませんが、目を開くための『眼瞼挙筋』やそれを動かす神経の異常によって発症するようです。

人によって両目の場合もありますが、たいていは片方の目だけに発症します。どちらにせよ、視力に影響が出ることは稀なので心配ありません。

ただし、幼少期は片方の目で物を見ることに気を付けてください。片目で見ることが習慣づくと「乱視」「弱視」になることがあります。

また、思春期になってから外見で嫌な思いをすることもあるので、なるべく幼いうちに診療を受けさせてあげると良いと思います。

先天性眼瞼下垂の種類と治療法

先天性の眼瞼下垂は、以下の3つに該当することが多いようです。

  • 単純性眼瞼下垂…眼瞼挙筋が上手く成長できずに生後、もしくは1年以内で発症する。
  • 眼瞼縮小症候群…両眼性の眼瞼下垂。遺伝的な要因で発症する。
  • 動眼神経麻痺…動眼神経(脳から眼球までの間にある神経)の障害によるもの。

いずれの場合も、手術による治療が一般的。筋肉に異常があるか、神経に異常があるかによって具体的な方法は異なります。

とくに多いと言われる単純性眼瞼下垂の場合は、挙筋機能が残っているかで筋肉を短縮する、もしくは筋膜自体を移植するなどの方法で治療するようです。

幼少期の治療はより慎重に病院選びを…!

幼い頃に治療を受ける上で注意したいのが、子どもの眼瞼下垂の手術は全身麻酔で行うことが多いということです。

人によっては複数回の手術が必要な場合もあるので、病院選びはより慎重に行う必要があります。

1番のカギは「信用のおける医師に診てもらうこと」。その医師と出会うためにも、クリニック巡りをしてみてください。

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト