眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

後天性眼瞼下垂

後天性の眼瞼下垂の特徴をピックアップ。若くして発症する原因や治療方法、病気に関する注意点などを紹介しています。

後天性眼瞼下垂の特徴

後天性眼瞼下垂生まれつき症状がある先天性に対して、徐々にまぶたが下がってくる状態を後天性眼瞼下垂と言います。

歳を取って目が小さくなったり、若くても急にまぶたが重く感じる場合などは、眼瞼下垂の疑いがあるので注意が必要です。

主な原因は、老化による筋力の低下と極度なまぶたへの負担。いずれの場合も、目を開くための筋肉(眼瞼挙筋)と瞼板とをつなぐ腱膜がゆるむことで、徐々に症状が現れることが多いのだそう。

放っておくと、肩凝り、頭痛、視力の低下などにもつながるので、先天性と同じく、なるべく早めに治療を受けたいですね。

また、若くして眼瞼下垂になる場合は、パソコンなどによる目の酷使ハードコンタクトの長期利用、アレルギー疾患やメイクなどによる、まぶたを直接こする行為などが影響していると言われています。

ですので、普段からなるべく目(まぶた)に負担をかけないよう心がけることで、眼瞼下垂の予防にもつながります。

後天性眼瞼下垂の種類と治療法

後天性の眼瞼下垂は、主に以下の症状に分類されます。

  • 腱膜性眼瞼下垂
  • 老人性眼瞼下垂
  • コンタクトレンズ性眼瞼下垂
  • 動眼神経麻痺
  • 重傷筋無力症
  • Horner(ホンネル)症候群 など

中でも後天性のほとんどが、腱膜性による眼瞼下垂に当たるようです。上記の中では老人性、コンタクトレンズ性もその一つ。

治療法は、原因である挙筋腱膜のズレを修復する手術が一般的です。まぶたの外側から切開するもの、内側から行うものなど種類はさまざまですが、最近では切らない手術(まぶたの内側から糸で修復する)もあるので、より安全に気軽に治療に取り組むことができます

一方、動眼神経麻痺、重傷筋無力症、ホンネル症候群のように、まれに神経の異常によって眼瞼下垂が起こることもあります。

その場合、充血、無発汗、呼吸困難などさまざまな症状を伴うことがあるそうなので、早期の治療が必要です。

自分では気付かずに悪化することも…

数年間かけて徐々に症状があらわれる後天性の眼瞼下垂は、自分では気付かずに症状が悪化しやすいのも特徴です。

実際に症状が出ていても、眉毛を上げたりアゴを引くことで自然と補おうとするため、よりわかりづらいのだそう。その結果、額のシワが増えたりお顔の印象を悪くしている場合もあるそうです。

最近は美容外科でもしっかりとした治療が受けられますから、手術はちょっと…という方も、ぜひ気負わずに一度診療に行かれてみてください。

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト