眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト » 眼瞼下垂が治療できるクリニックの種類と選び方

眼瞼下垂が治療できるクリニックの種類と選び方

眼瞼下垂の治療を受けることができるのは、形成外科、眼科、美容外科の3種類です。さらに、ここから「保険診療」「自由診療」で分けられます。では、それぞれの特徴と、メリットとデメリットを見てみましょう。

「形成外科・眼科」での眼瞼下垂治療の特徴

保険適用で手術費用は安いが、症状改善が目的

形成外科と眼科の、眼瞼下垂に対しての位置づけは「病気」です。そのため、この科で診療を受けると保険適応内での手術が可能で、費用面の負担は少なくてすみます。

そのかわり、症状の改善が第一の目的で、仕上がりの美しさをこだわることはできません。これは、必ずしも技術がないというわけではなく、開きづらくなった瞼をうまく開くようにすることが目的の為です。見た目の仕上がりにこだわりたいのであれば、美容外科の受診をおすすめします。

  • 費用:保険適用であれば、3万~7万円程度
  • 条件:眼瞼下垂と診断された場合、保険が適用になります。
  • 目的:瞼が重い、開きづらいといった症状の改善
  • メリット:費用が安く押さえられる
  • デメリット:眼瞼下垂と診断されなければ、保険適用内では受けられない。細かい見た目の美しさまではこだわれない。

「美容外科」での眼瞼下垂治療の特徴

手術費用は高いが症状以外にも、見た目の美しさもこだわる

美容外科の場合は、基本的に「自由診療」です。

仕上がりにもこだわった手術を受けられるため、瞼が重い、開きづらいといった症状をスムーズにするだけでなく、見た目の美しさも重要視します。

一般的に、形成外科や眼科に比べて美容外科は比較的軽度でも眼瞼下垂と診断する傾向にあります。

  • 費用:基本的に自費診療なので20万~60万程度。※自費診療の為、クリニックによって金額が異なります。
  • 目的:症状をよくする、見た目もキレイに整える
  • メリット:美容外科では、見た目の美しさにこだわっているので、希望を叶える事ができます。
  • デメリット:保険適用に比べ、費用が高額

名医選びのポイント

眼瞼下垂の治療を受けようと思った際、どのような基準でドクター選びをすればいいのかわからない方のため、腕のよいドクターと出会うための見極め方を紹介します。参考にしてみてください。

院長が施術を担当
眼瞼下垂治療で評判のクリニック|東京版

美容外科専門医

院長:筒井裕介

  • 切らない眼瞼下垂
    216,000
  • 眼瞼下垂施術(切開)
    324,000
初診料
tel:03-6228-6617
無料

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医

院長:真﨑信行

  • 埋没式挙筋短縮(切らない)
    400,000
  • 眼瞼下垂(切開)
    600,000
初診料
tel: 03-5428-4225
5,000円

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医(JSAPS)

院長:池本 繁弘

  • 上眼瞼たるみ取り手術
    300,000
  • 眼瞼下垂(開瞼増大術)
    500,000
初診料
tel:03-3272-5666
2,000円

公式サイトへ

調査基準・定義※1:2019年5月27日時点で美容医療の口コミ広場の掲載情報を参照。眼瞼下垂治療を受けた方が書いたレポート評価☆3以上、投稿口コミ件数100件以上、クリニックの総合満足度☆4.3以上の条件のもと、東京にある美容クリニックを調査。その中から院長が施術を担当してくれるクリニック3院を紹介します。このサイトにおける名医表記はあくまで上記の定義に該当したクリニック・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。

眼瞼下垂に治療について:眼瞼下垂の程度により治療内容はことなりますが、まぶたが重くなって開きにくくなったまぶたを治療することで、視野を広げ改善する治療法。
眼瞼下垂手術の費用:保険適用であれば、数千円〜数万円程度。自由診療になると20万〜60万程度となり、クリニックによって金額が大きく異なる。
眼瞼下垂の治療期間:2週間程度の腫れ。切開をする治療の場合、術後に抜糸が必要。腫れがきれいにひくまでは数ヶ月程度かかる。
副作用・リスク:左右差、瞼の違和感、内出血、腫れがなかなかひかないなど。また、ドライアイ、瞼が閉じづらくなる可能性もある