眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト » 眼瞼下垂が治療できるクリニックの種類と選び方 » 病院・形成外科・眼科

病院・形成外科・眼科

眼瞼下垂手術は、まぶたの中の瞼板と呼ばれるところに付着している眼瞼挙筋腱膜を探し出し、短く縫いつけることによって再び張力を回復する手術方法ですが、形成外科や眼科など、病院で眼瞼下垂手術を受ける場合の治療の特徴やメリット・デメリットについて紹介します。

形成外科での眼瞼下垂治療の特徴

  1. 見た目に異常をきたしてしまった部分に対して外科的治療を行う
  2. 料金は基本的に保険適用
  3. 医院によっては、筋膜の移植など大掛かりな手術や入院も可能
  4. 異常”を正常に戻すことが主な目的だが、美容面に配慮した医院もある
  5. メスを使った手術が基本

形成外科の仕事は、メスで切開したり縫合したりすることです。普通の外科との違いは、形成外科のほうが縫い方が丁寧な傾向にあるということです。

形成外科の眼瞼下垂治療で有名なのは、信州大学の松尾教授です。この場合の眼瞼下垂の位置づけは、基本的に「病気」です。「ケガをしたから病院で治療してもらう」というのと同じで「眼瞼下垂だから病院で治療してもらう」という感じです。

従って、この場合の特徴は、眼瞼下垂の改善が第一の目的であり、美容面の重要度は低いと言えるでしょう。

眼科の眼瞼下垂治療の特徴

  1. 弱視など目そのものにも異常をきたしている場合は、眼科の受診を推奨
  2. 料金は保険適用
  3. 手術を行っていない眼科も多い
  4. 手術内容は基本的に形成外科と同じ
  5. 視界を良好にすることが目的で、審美面まで配慮していないことも多い

眼科の場合も形成外科と同じで、眼瞼下垂は「病気」です保険も適用されますし、保険診療であるがゆえのデメリットも同様とみてよいでしょう。ですが、眼科ではほとんど眼瞼下垂の治療は行っていないので、大きな総合病院などの眼科に行くとよいでしょう。

治療の方法は、基本的には形成外科と同じです。

単なる機能回復という面だけを重視するなら、形成外科か眼科で手術を受ければ、保険も適用されますし敷居もそれほど高くありません。

ただ、眼瞼下垂の施術では、両目のバランスを意識しながら手術をする必要があるのですが、中には「手術をしたけど両目の大きさが違う」というトラブルもあるようです。

病院で治療した際の眼瞼下垂の料金

眼瞼下垂の料金は病院によって違うのですが、保険適用の疾患なので、1割負担、または3割負担で手術を受けることができます。料金は、1割負担の場合で7,000円前後、3割負担の場合で20,000円前後と言われています。意外にも低料金で手術を受けることができる手術です。

眼瞼下垂手術の注意点

眼瞼下垂の手術をするにあたり、注意点があります。

  • 車はNG
    目の手術をするので、車で病院に行かないようにして下さい。必ず公共機関を利用し、どうしても車で行く場合は、家族に病院まで連れて行ってほしいとお願いしましょう。
  • 手術後しばらくは帰れない
    手術をした後は、安静にしておかなければならないので、「手術がおわったからすぐに帰宅」と言うわけにはいけません。看護師が全身の安定状態を確認し、問題がなければ帰宅できます。
  • 入浴・洗顔・洗髪はNG
    目に水やシャンプーなどの成分が入ると危険なので、手術後は入浴・洗顔・洗髪がしばらくできません。
    温かいタオルで全身を拭くなどして対処しましょう。

このサイトにおける名医表記はあくまで下記の定義※1に該当したクリニック・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。調査基準・定義※1:2019年5月27時点、美容医療の口コミ広場の掲載情報を参照。眼瞼下垂治療を受けた方が書いたレポート評価☆3以上、投稿口コミ件数100件以上、クリニックの総合満足度☆4.3以上の条件のクリニック

院長が施術を担当
眼瞼下垂治療で評判のクリニック|東京版

美容外科専門医

院長:筒井裕介

  • 切らない眼瞼下垂
    216,000
  • 眼瞼下垂施術(切開)
    324,000
初診料
tel:03-6228-6617
無料

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医

院長:真﨑信行

  • 埋没式挙筋短縮(切らない)
    400,000
  • 眼瞼下垂(切開)
    600,000
初診料
tel: 03-5428-4225
5,000円

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医(JSAPS)

院長:池本 繁弘

  • 上眼瞼たるみ取り手術
    300,000
  • 眼瞼下垂(開瞼増大術)
    500,000
初診料
tel:03-3272-5666
2,000円

公式サイトへ

調査基準・定義※1:2019年5月27日時点で美容医療の口コミ広場の掲載情報を参照。眼瞼下垂治療を受けた方が書いたレポート評価☆3以上、投稿口コミ件数100件以上、クリニックの総合満足度☆4.3以上の条件のもと、東京にある美容クリニックを調査。その中から院長が施術を担当してくれるクリニック3院を紹介します。このサイトにおける名医表記はあくまで上記の定義に該当したクリニック・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。

眼瞼下垂に治療について:眼瞼下垂の程度により治療内容はことなりますが、まぶたが重くなって開きにくくなったまぶたを治療することで、視野を広げ改善する治療法。
眼瞼下垂手術の費用:保険適用であれば、数千円〜数万円程度。自由診療になると20万〜60万程度となり、クリニックによって金額が大きく異なる。
眼瞼下垂の治療期間:2週間程度の腫れ。切開をする治療の場合、術後に抜糸が必要。腫れがきれいにひくまでは数ヶ月程度かかる。
副作用・リスク:左右差、瞼の違和感、内出血、腫れがなかなかひかないなど。また、ドライアイ、瞼が閉じづらくなる可能性もある