眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

眼瞼下垂の手術法を徹底解説

眼瞼下垂の手術はどのような方法で行われるか

眼瞼下垂の手術には、いくつかの種類があります。
ここでは、美容外科でよく行われている眼瞼下垂の代表的な治療法を5つ紹介します。

挙筋前転法(きょきんぜんてんほう)

信州大学の松尾教授が考案した方法で「松尾式」と呼ばれることもあります。

緩んでしまった瞼(まぶた)を持ち上げる筋肉を切除せずに再固定する手術です。筋肉は切除しませんが、瞼の皮膚は切開します。

 

 

挙筋短縮法(きょきんたんしゅくほう)

挙筋前転法とは違い、延びてしまった筋肉を切除して短縮してしまう手術です。

自律神経と関わりの深い筋肉を傷つけるリスクが高く、重度の眼瞼下垂でない限りはおすすめできない方法です。手術の際は瞼の皮膚も切開します。

 

 

下眼瞼下制術(かがんけんかせいじゅつ)

目尻側の下まぶたを下げて下側に目を拡大して目を大きく見せるとともにタレ目の印象にする手術です。

上まぶたは手術しないので眼瞼下垂の治療にはなりませんが、理想的な目元を作るためにこの手術を併用する方もいます。

 

 

腱膜移植

自分の身体の一部などを切り取って眉毛の筋肉と瞼とをつなぎ、眉毛を上げる力で目を開けるようにするための手術です。

目を開く筋力が全くない方にはこの治療法を適用します。

 

 

埋没式挙筋短縮法

美容外科である真崎医院の院長が考案した方法です。

緩んでしまった瞼を持ち上げるための筋肉を、切らずに糸で結ぶことで目を開くように調整する治療法です。皮膚を切開しないため、ダウンタイムもありません。

最適な手術法は眼瞼下垂の原因や程度によって異なります。できるだけ多くのクリニックで、複数の医師のカウンセリングを受けてから、方法を決めることをおすすめします。

 

 

症状別治療法

  • まぶたが瞳孔にかかっていて視界を遮ってしまう

まぶたが垂れ下がってきている状態ですね。すでに黒目にかぶさっている場合は、重度の亜眼瞼下垂といえるでしょう。また、まだ瞳孔にかかっていなくても、黒目の中心より上まぶたの縁までで2㎜ない場合は眼瞼下垂の疑いとなります。

  • 頭痛や肩こりがひどくなる

一見、眼瞼下垂による影響ではない症状のような気がしてしまいますが、眼瞼下垂になって眉毛をあげたり顎をあげたりして物を見るようになると、不自然に力が入りやすくなります。その結果、頭痛や肩こりを招いてしまうでしょう。ひどい頭痛や肩こりが長く続く場合は眼瞼下垂が疑われます。

  • 生活面で支障が出る

目にはものを見る力があります。私たちが物事を判断するときに必要な情報を手に入れる手段です。しかし、その手段が十分ではなくなるとどうなるでしょうか。生活に必要な情報が足りずに、普段の生活にも支障が出てしまうでしょう。重度の眼瞼下垂になると生活にも大きな負担となってしまいます。

挙筋前転法(きょきんぜんてんほう)

形成外科では広く使われている術式です。伸びてしまった腱膜を前転させることで短くし、固定するという方法です。一般的な術式ではありますが、重度になりすぎると適用外となることも。適用可能かどうかは医師に相談して確認する必要があります。

挙筋短縮法(きょきんたんしゅくほう)

重度の眼瞼下垂に対応できる方法なので、視界が悪くてどうしようもない人や、生活に支障が出るほどにまぶたがかぶさってしまうという人向けの手術といえるでしょう。挙筋腱膜とミュラー筋を一緒に固定します。

ただし、一度の手術で改善するかどうかはわかりません。

何度か短縮術を追加する必要が出てきます。また、兎眼の程度が前頭筋吊り上げ術より大きいので角膜の傷害に注意する必要があります。

出典:先天性眼瞼下垂症_日本形成外科学会
http://www.jsprs.or.jp/member/disease/congenital_anomaly/congenital_anomaly_03.html

とされているように、手術も様子を見ながら複数回受ける必要がある可能性もあるでしょう。

下眼瞼下制術(かがんけんかせいじゅつ)

目を上に持ち上げるというよりも、下方向に大きくし視野を確保するという方法です。眼瞼下垂の手術は基本的に上瞼に施すことが多いのですが、眼瞼下垂と同時に目つきの悩みも改善したいという場合は、たれ目にすることで印象が柔らかくなるとされています。

腱膜移植(けんまくいしょく)

まぶた以外の部分、例えば太ももなどから筋肉を移植して、衰えてしまった筋肉を回復させ、まぶたを持ちあげる力をよみがえらせるという方法です。手術をしても改善しそうにない眼瞼下垂の場合は、移植の手術で改善を目指すことも多いでしょう。

埋没式挙筋短縮法(まいぼつしききょけんたんしゅくほう)

埋没式は今注目されている方法の1つ。眼瞼下垂は今まで切る手術がほとんどでした。しかし、埋没法の場合は切る手術は行いません。切らずに眼瞼下垂を改善させる手術です。見た目にこだわる人には最適な手術といえます。

手術以外の治療・ケア方法

まぶたテープ

手術を受けるのは怖いけど、症状は何とかしたい…というときに優れているといわれているのが、まぶたテープです。まぶたにテープを貼るだけで症状が改善します。ポイントは、目をつぶった状態のままで自然ととめること。無理に持ち上げてしまうと目が閉じなくなるため、気を付けてくださいね。そして、テープを軽く引っ張りながら目を開いておでこの皮膚に貼れたら完成です。皮膚が持ち上がるので、視界をまぶたにさえぎられることがありません。視界がよくなれば眼瞼下垂の悩みも軽減します。根本的に治す方法ではありませんが、生活で感じていた不都合は改善されるでしょう。

薬物療法

薬物療法は、眼瞼下垂を発生させた原因が明確であり、その原因を解消することが必要だと診断された場合に行われることがあります。薬を飲んで改善する原因であれば、手術ではなく薬物療法を選択することもあります。医薬品と認定されている薬なのでちゃんと効果が出ますし、薬を飲むだけで変化した、という人も。眼瞼下垂=手術というイメージが非常に強く、薬でも治療ができることは知らなかった人も多いのではないでしょうか。ただし、自己判断で眼瞼下垂を改善するために飲む薬を決める、ということはできません。医師に診察をしてもらって、原因は何か、そして薬が必要かを判断できるといいですね。

クラッチ眼鏡

眼瞼下垂用に考えられているのが、クラッチ眼鏡です。素材が特徴的で、弾力性があるバネと特殊なプラスチックを使用しているため、まぶたに自然とフィットします。また眼球のカーブに沿うようにできあがっているため、瞬きの際に感じやすい不快も和らげてくれるでしょう。優れた技術がなければできないことなので、どこでクラッチ眼鏡を作るかが大切です。自分にとって使い心地の良いクラッチ眼鏡を作りましょう。

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト