眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

眼瞼下垂の手術法を徹底解説

眼瞼下垂の手術はどのような方法で行われるか

眼瞼下垂の手術には、いくつかの種類があります。
ここでは、美容外科でよく行われている眼瞼下垂の代表的な治療法を5つ紹介します。

挙筋前転法(きょきんぜんてんほう)

信州大学の松尾教授が考案した方法で「松尾式」と呼ばれることもあります。

緩んでしまった瞼(まぶた)を持ち上げる筋肉を切除せずに再固定する手術です。筋肉は切除しませんが、瞼の皮膚は切開します。

挙筋短縮法(きょきんたんしゅくほう)

挙筋前転法とは違い、延びてしまった筋肉を切除して短縮してしまう手術です。

自律神経と関わりの深い筋肉を傷つけるリスクが高く、重度の眼瞼下垂でない限りはおすすめできない方法です。手術の際は瞼の皮膚も切開します。

下眼瞼下制術(かがんけんかせいじゅつ)

目尻側の下まぶたを下げて下側に目を拡大して目を大きく見せるとともにタレ目の印象にする手術です。

上まぶたは手術しないので眼瞼下垂の治療にはなりませんが、理想的な目元を作るためにこの手術を併用する方もいます。

腱膜移植

自分の身体の一部などを切り取って眉毛の筋肉と瞼とをつなぎ、眉毛を上げる力で目を開けるようにするための手術です。

目を開く筋力が全くない方にはこの治療法を適用します。

埋没式挙筋短縮法

美容外科である真崎医院の院長が考案した方法です。

緩んでしまった瞼を持ち上げるための筋肉を、切らずに糸で結ぶことで目を開くように調整する治療法です。皮膚を切開しないため、ダウンタイムもありません。

最適な手術法は眼瞼下垂の原因や程度によって異なります。できるだけ多くのクリニックで、複数の医師のカウンセリングを受けてから、方法を決めることをおすすめします。

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト