眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

下眼瞼下制術

まぶた整形の一つ、下眼瞼下制術について調べました。手術によって得られる効果、メリット・デメリットなどをまとめましたので参考にしてください。

下眼瞼下制術でタレ目を作って優しい印象に

「下眼瞼下制術(かがんけんかせいじゅつ)」は、目尻側の下まぶたを下げることで下側に目を拡大する手術

白目の見える部分が下側に増え、タレ目になります。そのため、優しく柔らかい印象になります。
下眼瞼拡大術」や「グラマラスライン」と呼ばれることもあります。

眼瞼下垂の手術には向いていませんが、上まぶたの手術と併用することで理想的な目元を作ることができます。

下眼瞼下制術の方法

下眼瞼下制術は下まぶたを手術します。

黒目の外側の下まぶたを下眼瞼(かがんけん)と呼びますが、そこを下げて丸いカーブを作りタレ目にします。
手術は、まぶたの皮膚側を切開する方法と、まぶたの裏側(結膜側)を切開する方法があります。

一般的に結膜側切開のほうが傷跡が残らないため、多く行われています。
下眼瞼下制術は吸収性の糸で縫合しますので、抜糸はしません

下眼瞼下制術のメリット・デメリット

  • メリット
    タレ目で優しい印象を作ることができます。まぶたの裏側を切開する場合は傷跡が残りません。
  • デメリット
    下瞼のみの手術なので、眼瞼下垂の治療には不向きです。また切開法のため、ダウンタイムは長め。
    手術で使用する吸収性の糸にアレルギー反応を起こすこともあります。
    さらに、逆さまつげがひどくなる場合や調整に失敗すると下三白眼になる恐れもあります。

手術の詳細と注意事項

手術はその日に終わりますが、下瞼が腫れますのでサングラスを持参するといいでしょう。
結膜側切開なら、メイクは翌日から可能です。

ダウンタイムは個人差もありますが、一般的に1~2週間は強い腫れが続きます。
内出血があった場合は吸収されるまでに2週間程度かかりますので、コンシーラーなどで隠すことをおすすめします。

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト