眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト » 眼瞼下垂治療の名医がいるクリニック|東京編 » 自由が丘クリニック

自由が丘クリニック

ここでは、自由が丘で眼瞼下垂治療が受けられる、自由が丘クリニックの口コミ、評判、眼瞼下垂治療の詳細についてご紹介します。保険適用内の施術では叶わない理想の目元に近づくことができるクリニックです。

このサイトにおける名医表記はあくまで下記の定義※1に該当したクリニック・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。調査基準・定義※1:2019年5月27時点、美容医療の口コミ広場の掲載情報を参照。眼瞼下垂治療を受けた方が書いたレポート評価☆3以上、投稿口コミ件数100件以上、クリニックの総合満足度☆4.3以上の条件のクリニック

眼瞼下垂で評判の自由が丘クリニック

自由が丘クリニック

引用元HP:自由が丘クリニック(https://jiyugaokaclinic.com)

自由が丘クリニックでは、眼瞼下垂治療と同時に眉毛リフトが可能

自由が丘クリニックでは、眼瞼下垂を治療する際、同時に眉毛リフト(眉毛上皮膚切除)も行うことができます。 保険が適用される眼瞼下垂治療の場合、眼瞼下垂の症状だけを改善する施術のため、思った通り、もしくは理想の目元にならない場合があります。もともと左右に差があったりした場合はもちろんのことですが、下垂の改善度合いによっては左右差などが生じることもあります。 しかし、自由が丘クリニックでは同時に眉毛リフトを行うことができるため、よりすっきりした綺麗な目元に近づけることが可能です。

20名の医師がチームとなり、幅広い治療に対応

自由が丘クリニックは、美容外科・美容皮膚科・美容内科・教授外来・エステ部門と幅広い分野の診療を行っています。20名の医師が在籍し、各分野はそれぞれの得意分野を持った医師が担当するため、あらゆる治療が受けられるのが特徴です。眼瞼下垂と同時に、あらゆる悩みも解決できる、幅広い診療メニューが揃えられたクリニックです。

ボトックスでまぶたが重くなった場合にも対応

自由が丘クリニックでは、ボトックス注射が原因で眼瞼下垂になった方の相談にも対応しています。

ボトックス注射には、まれな副作用として眼瞼下垂があげられます。ボトックス注射とは、ボツリヌス毒素から抽出した成分を注射することにより、筋肉を弛緩(ゆるむこと)させ、表情ジワを改善する治療のことで、この治療の副作用より、まぶたが重く、目が大きくあかなくなる場合があります。

自由が丘クリニックでは、ボトックス注射後にそのような症状が出た際には、早めに医師に相談するよう注意を促しています。

眼瞼下垂の名医がいるクリニックを見る

自由が丘クリニックの眼瞼下垂手術のメニュー・料金

挙筋腱膜前転術:550,000〜770,000円(税別)

挙筋腱膜前転術とは、まぶたを切開して緩んでいる挙筋腱膜を引き出し、腱膜の張りを回復させるよう瞼板(けんばん)に縫いつける手術です。自由が丘クリニックでは腱膜の修復を行うだけでなく、顔全体を見ながら美しく、かつ自然な二重になるような仕上がりを目指して手術を行っています。

  • 副作用・リスク:通常は3か月程度で改善しますが、暫くのあいだは傷跡が赤く、硬くなります。傷跡は非常に目立たなくなりますが、完全に消えるではありません。
  • 手術期間:手術時間は両目で2時間程度、翌日に患部のチェックを行い、手術の7日後に抜糸。1ヶ月後、3ヶ月後に異常がないかを確認します。問題が無ければ、3ヶ月ほどで落ち着きます。
  • ※眼瞼下垂の診断基準を満たせば保険が適用されます。
    ※施術の所要時間、術後の経過はあくまでも目安となります。

眼瞼下垂+眉毛上皮膚切除(眉毛リフト):550,000〜770,000円(税別)

眉毛上皮膚切除とは、眉の上・髪の生え際・頭皮を切開し、まぶたを引き上げる手術です。まぶたの皮膚を持ち上げることで、よりすっきりとした印象になります。眼瞼下垂を治療しただけでは左右差があったり、想定していた目元にならない場合があります。そのような場合には眼瞼下垂の手術に、眉毛リフトを組み合わせて行うことで、理想に近づけることが可能です。

  • 副作用・リスク:2週間程度でかなり改善しますが、内出血や腫れが出ます。症状が強い場合、完全に消えるには通常1か月から3か月ほどかかります。(個人差が大きいため、この限りではありません。)
  • 手術期間:公式ウェブサイトに記載なし
  • ※術式や組み合わせなど、手術の内容によって料金が異なります。
    ※施術の所要時間、術後の経過はあくまでも目安となります。
    ※眉毛上皮膚切除は自由診療のため、保険が適用となった場合の眼瞼下垂とは別会計になります。

総院長:中北信昭 医師の紹介

院長である中北信昭医師は、美容外科と形成外科の学会認定専門医です。北里大学の医学部を卒業後、同形成外科に入局。神奈川県立こども医療センター形成外科や、横浜南共済病院形成外科の医長を経て、北里大学医学部形成外科の助教授を務めます。

2007年には医療法人社団喜美会「自由が丘クリニック」院長に就任、現在に至ります。先天異常や、顎変形症など、大学病院での豊富な手術経験・形成外科技術が、現在の美容医療に活かされています。鼻の美容手術と、顔面骨格形成手術を最も得意としており、『VOGUE JAPANの「名医が受けたい名医」特集』では、「外科医が選んだ手術部門第1位」に選ばれた経歴を持っています。

  • 所属学会・資格:日本美容外科学会認定専門医、日本形成外科学会認定専門医、日本頭蓋顎顔面外科学会、国際形成外科学会など

自由が丘クリニックの口コミ・眼瞼下垂手術の評判

すごく丁寧に時間をかけて説明

散々調べて、お願いしたクリニックさんのカウンセリングには 人見知りを全くしない私も、さすがに緊張しました。 ですが、そんな緊張も優しい先生の話ですぐに打ち解け 最後にはリラックスして話ができたので、その点においても先生は さすがでした。 説明の内容は、すごく丁寧に時間をかけて 頂いて逆に申し訳なく思ってしまうほどでした。

参照元:美容医療の口コミ広場
https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_3017943/activity_detail/34193

施術方法を複数提示

このクリニックのカウンセリンを 一言で表すならば、かなり質の高い美容のお悩みの相談です。 自分の問題を提示すると、それに合わせた 的確なアドバイスと、どうすれば改善させれるのかの 方法を複数提示してくれるので非常に分かりやすかった。 専門家特有の上から偉そうに、こうすれば綺麗になれるなどの 煩わしい物の表現がなく、そこのポイントもかなり高い。

参照元:美容医療の口コミ広場
https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_3017943/activity_detail/35049

美容整形するならココって決めてました。

両親が自由が丘に住んでおり、クリニックの近くに家があるんです。里帰りをするといつもクリニックの前を通って買い物に行きます。たまにクリニックのスタッフさん?とすれ違うと、すごく素敵な笑顔で挨拶してくれます。美容整形するならココって決めてました。

参照元:美容医療の口コミ広場
○https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_3017943/activity_detail/34194

住所 東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F 診療時間 10:00~19:00(不定休)
アクセス 東急東横線・大井町線「自由が丘駅」より徒歩約10分 電話番号 0120-19-6102
院長が施術を担当
眼瞼下垂治療で評判のクリニック|東京版

美容外科専門医

院長:筒井裕介

  • 切らない眼瞼下垂
    216,000
  • 眼瞼下垂施術(切開)
    324,000
初診料
tel:03-6228-6617
無料

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医

院長:真﨑信行

  • 埋没式挙筋短縮(切らない)
    400,000
  • 眼瞼下垂(切開)
    600,000
初診料
tel: 03-5428-4225
5,000円

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医(JSAPS)

院長:池本 繁弘

  • 上眼瞼たるみ取り手術
    300,000
  • 眼瞼下垂(開瞼増大術)
    500,000
初診料
tel:03-3272-5666
2,000円

公式サイトへ

調査基準・定義※1:2019年5月27日時点で美容医療の口コミ広場の掲載情報を参照。眼瞼下垂治療を受けた方が書いたレポート評価☆3以上、投稿口コミ件数100件以上、クリニックの総合満足度☆4.3以上の条件のもと、東京にある美容クリニックを調査。その中から院長が施術を担当してくれるクリニック3院を紹介します。このサイトにおける名医表記はあくまで上記の定義に該当したクリニック・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。

眼瞼下垂に治療について:眼瞼下垂の程度により治療内容はことなりますが、まぶたが重くなって開きにくくなったまぶたを治療することで、視野を広げ改善する治療法。
眼瞼下垂手術の費用:保険適用であれば、数千円〜数万円程度。自由診療になると20万〜60万程度となり、クリニックによって金額が大きく異なる。
眼瞼下垂の治療期間:2週間程度の腫れ。切開をする治療の場合、術後に抜糸が必要。腫れがきれいにひくまでは数ヶ月程度かかる。
副作用・リスク:左右差、瞼の違和感、内出血、腫れがなかなかひかないなど。また、ドライアイ、瞼が閉じづらくなる可能性もある