眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

真崎医院

切らない眼瞼下垂手術で有名な真崎医院について調べました。口コミ評判や眼瞼下垂の治療体験談なども紹介しています。

切らない眼瞼下垂治療で評判の真崎医院

真崎医院は、芸能人や著名人も多数来院する美容外科のプライベートクリニック。

院長の真崎信行先生は、眼瞼下垂や脂肪吸引において「痛くない」「傷が目立たない」治療法を生み出し、海外からも大変注目を集めているドクターです。

その真崎院長は、切らない眼瞼下垂の手術法「埋没式挙筋短縮法」の考案者でもあります。

腫れもダウンタイムもない!気に入らなければ元に戻せる!

切らない眼瞼下垂の真崎医院の口コミ評判真崎院長の考案した埋没式挙筋短縮法および真崎式オリジナル二重は、まぶたの皮膚を切開することなく眼瞼下垂や二重の手術ができる画期的な手術法です。

切らない手術なのでダウンタイムもなく、糸を取ればすぐに元に戻せます。翌日、会社に行っても不自然に見えませんので男性にも大変評判なのだそう。

さらに、埋没法の手術に限り「トライアルシステム」を採用しています。これは、仕上がりに満足できない場合は手術前の状態に戻し、手術代金を返金してくれるというシステムです。

121例の症例写真を掲載

真崎医院の口コミ評判真崎医院の公式ホームページでは、眼瞼下垂手術や二重整形の症例写真が随時更新されています。

掲載数が多いということは、それだけ患者さんの数が多く自信と実績がある証拠と言えるでしょう。まぶたの治療だけでも121例の写真が公開されています(2012年10月現在)。

また、真崎医院はプライベートクリニックなので、患者さん同士が顔を合わせずにすむようプライバシーの配慮が徹底されています。

真崎医院の眼瞼下垂症例写真を見る>>

完全個室のプライベートクリニック

崎医院は、1人ひとりを大切にする治療を常に心がけているクリニックです。患者1人ひとりに時間をしっかりとかけ、どんな風に変わりたいのか、何を変えたいのかという希望を聞いてくれます。真崎院長は、共立美容外科にて総院長として20年ほどを過ごしてきた医師です。代官山に真崎医院を開院した理由は、さらに患者を大事にする治療をしたいという考えからです。そのため、プライベートクリニックとして完全個室での経営を行っています。

大きな美容外科だと、他の患者と顔を合わせてしまうから何となくためらってしまうという人も多いはず。また、患者数が多いと時間をしっかりとかけてもらえず、希望通りに仕上がるのか不安と感じる人もいるでしょう。真崎医院はプライベートクリニックであるため、そういった心配は一切必要ありません。安心して治療を任せられる、という患者さんの声も多く、不安もその都度解決しながら治療にあたってくれるでしょう。

今までの美容クリニックとは少し違う、プライベートクリニックだからこその治療を納得いくまで受けられますね。

埋没式挙筋短縮術(真崎法)の特徴

眼瞼下垂の治療法には、まぶたを切る「切開法」とまぶたを切らない「埋没式挙筋短縮術」があります。真崎法と呼ばれるのは、埋没式挙筋短縮術です。特徴としては、まず今まで切開法で悩まされてきた問題を感じることなく手術を受けられる、という点です。切開法は、医療機関でも多く実施されており、眼瞼下垂手術においては基本であり定番となっています。確かに確実性が高い方法ではありますが、問題となっているのは「ダウンタイムの長さ」「気に入らなかった場合にもとに戻せない」という点です。それらを考えると、今のタイミングで手術を受けていいのか、もしもの場合に直せないのは不安、となりためらってしまう人が多かったのです。

しかし、埋没式挙筋短縮術の場合はこれらのデメリットを排除することに成功しています。ダウンタイムも短く、そして気に入らなかったときは修正も可能。ということで、抵抗感が少なくなり挑戦できるとして広まってきています。真崎医院では、2000年ごろから手掛け始めた方法で、2004年には医学書籍に執筆、そして公表した術式です。最近は埋没式挙筋短縮術が当たり前のように様々な美容クリニックで行われているので、どこでも受けられる治療法であると認識している人も少なくないかもしれません。しかし、院長である真崎医師が開発した治療法であり、10年以上に時間をかけて改良しながら見つけた手術法なのです。

オリジナルの埋没式挙筋短縮術

どの美容クリニックでも受けられる埋没式挙筋短縮術とは少し異なっており、完全なオリジナルです。特徴としては、まず切らないことで痛みが少ないという点。手術後に痛みや腫れが続いてつらい、ということはほとんどありません。また、麻酔にも配慮するのが真崎式のこだわりです。特殊な麻酔を使っているため、針を打つときに少し痛みがある程度で、注入しているときの痛みはほとんど感じない人が多いです。

さらに、手術時間の短さも特徴的。片目で20分から30分程度で、両目で長くて1時間ほどだから時間的な負担も軽減されます。

そして何よりうれしいのは、傷跡が残らずに腫れや内出血が少ない、という点です。その結果、ダウンタイムの短縮にもつながります。傷の状態によってはダウンタイムが1か月からそれ以上もかかることがありますが、真崎式の場合はメイクができるようになるのは2日から3日後ととても短いです。仕事が忙しくてダウンタイムに長い時間を取れない、普通に仕事をつづけながら治療を受けたい、という多くの人の希望に応えてくれる術式である、といえるでしょう。

眼瞼下垂手術の料金

  • 埋没式挙筋短縮:両目 400,000円/片目 250,000円

当サイトの「治療にかかる費用」ページでも紹介していますが、切らない手術のため他の切開術よりもリーズナブルな料金設定がされています。

真崎医院の口コミ・眼瞼下垂手術の評判

40代女性

年のせいなのか、二重の幅が狭くなって、目がくぼんだ感じになっていました。そこで若返ろうと、口コミがよかった真崎医院で手術を受けることに。

眼瞼下垂という言葉はその時初めて知りました。手術はあっという間に終わり、腫れもなくすぐにメイクができたので満足です。

院長先生が優しく接してくれたので、不安もなく治療を受けることができて本当に良かったと思います。

50代女性

「切らない治療であること」「ドクターの経験と実績」「プライバシーが守れる」という理由で、真崎医院で治療を受けました。

手術当日は、最初から最後までクリニックの方としか顔を合わせませんでした。プライバシーは本当に徹底されています。

もちろん仕上がりにも大満足。口コミサイトでの評判がとても良いことに納得しました。

30代男性

一度切開手術した先天性眼瞼下垂がまた垂れてきたので、真崎医院を受診しました。丁寧で納得できる説明だったのと、切らずに治せるということで手術を決意。

まったく痛みもなく手術は終了しました。一度切開したこともあり難しい手術だったようですが、仕上がりに大変満足しています。1ヶ月後にまた受診する予定です。

真崎医院の基本情報

所在地 渋谷区猿楽町9-8 URBAN PARK代官山Ⅰ101
アクセス 東急東横線「代官山駅」徒歩5分
診療時間 10:00~20:00 日曜休診
ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト