眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト » 眼瞼下垂治療の名医がいるクリニック|東京編 » 大塚美容形成外科・歯科

大塚美容形成外科・歯科

目もとから顔、歯、肌、ボディ、育毛・発毛まで、あらゆる審美の悩み応えてくれる、大塚美容形成外科・歯科。ここでは、切らない眼瞼下垂手術を行う大塚美容形成外科の特徴を調べました。手術費用や手術を受けた方の口コミも掲載しています。

このサイトにおける名医表記はあくまで下記の定義※1に該当したクリニック・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。調査基準・定義※1:2019年5月27時点、美容医療の口コミ広場の掲載情報を参照。眼瞼下垂治療を受けた方が書いたレポート評価☆3以上、投稿口コミ件数100件以上、クリニックの総合満足度☆4.3以上の条件のクリニック

眼瞼下垂で評判の大塚美容形成外科・歯科

大塚美容形成外科・歯科

引用元HP:大塚美容形成外科・歯科(https://www.otsuka-biyo.co.jp/)

全国に6院展開、最小の手術で最大の効果がコンセプト

大塚美容形成外科・歯科の目もとのお悩みにかんする手術の特徴は、手術前に患者と徹底的に話し合うこと。当たり前のことかもしれませんが、大塚美容形成外科・歯科ではよりこの点を重視し、患者のニーズをくみ取りながらどのような仕上がりにしていくかを、ともに考えながら決定していきます。

眼瞼下垂の手術法は、「切らない施術」と「切る施術」を用意。切らない施術にはイージースクエア埋没法、ナチュラル埋没法、フォーエバーブリリアント埋没法。切る施術には切開法、マイクロ切開法、眼瞼拳筋短縮法があり、症状や希望に応じて医師が最適な手術を提案してくれます。

そえぞれの特徴については、カウンセリング時にメリットだけでなく副作用やリスクなどについても説明してくれるため、事前の予備知識がなくても心配ありません。

眼瞼下垂の名医がいるクリニックを見る

大塚美容形成外科・歯科の眼瞼下垂手術のメニュー・料金

ナチュラル埋没法:84,000円~

もっともポピュラーな手術法で、まぶたの裏を2か所、糸で留めて二重をつくる方法です。切らないので出血などのリスクもありません。メスを使わない大塚式埋没法には3つの種類があり、それぞれ「ワイドスクエアー埋没法」「ナチュナル埋没法」「フォーエバーブリリアント埋没法」と名付けられています。

  1. ワイドスクエアー埋没法は、最もシンプルな方法で、手術後の腫れも最小限に抑えられます。手術時間は5分程度と短く、料金も安いのが特徴です。ただし持続性が弱く、二重のラインが付きにくい方には難しい場合もあります。保証期間は1ヶ月です。
  2. ナチュラル埋没法は、最も一般的な眼瞼下垂手術です。大塚美容形成外科では36年以上続けられている方法で、症例も豊富です。保証期間は2年です。
  3. フォーエバーブリリアント埋没法(FB法)は、大塚美容形成外科が開発した最新の眼瞼下垂手術です。ナチュラル埋没法にさらに糸を追加することで、より強力に二重を固定します。保証期間は5年です。
  • 副作用・リスク:まぶたの皮ふが厚く、脂肪が多いと元に戻ってしまう可能性も。持続性は切開する手術法よりも弱い。
  • 手術期間:施術時間10分。洗顔は当日から、アイメイクも翌日から可能。施術後の通院なし。

眼瞼挙筋短縮法:500,000円

まぶたを切開して瞼板と挙筋を露出させて縫合し、目を開く力を強化します。

  • 副作用・リスク:数か月でなくなるものの、目を閉じると傷跡が見える。デザイン面を重視すると保険適用外となる場合も。
  • 手術期間:施術時間90分。術後の腫れは2~3日で引き、1週間後に抜糸。

院長:半田 俊哉医師(総院長・金沢院院長)の紹介

半田院長は、九州大学医学部医学科卒業後、九州大学医学部付属病院第二外科入局。その後、大塚美容形成外科 に入局し、副院長・総副院長を歴任し、2016年より現職。

  • 所属学会・資格:日本形成外科学会会員

大塚美容形成外科・歯科の口コミ・眼瞼下垂手術の評判

優しい言葉をかけてもらえた

半開きでトロンとした目がコンプレックスで、眼瞼下垂の手術を受けることにしました。緊張もありましたが、先生とスタッフの優しいお言葉でリラックスして手術を受けることができました。

何人も友人を紹介するほどおすすめ

待ち時間も短いし、こちらの要望はちゃんときいてくれるし、スタッフの方たちの対応も丁寧。おすすめすぎて、もう何人もこちらのクリニックに友人を紹介しています。

参照元:美容医療の口コミ広場
https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1100324/activity_detail/182316

総院長を指名しての施術で思い通りの結果に

大塚美容形成外科・歯科は有名だし、手術実績も豊富だったので選びました。施術は実績の高い半田総院長を指名。手術にあたって、はじめは緊張したものの、半田総院長ということで、安心感はありました。本当にここでやってよかったと思います。もし、この先も何かあれば大塚美容形成外科・歯科にお世話になろうと思っています。

参照元:美容医療の口コミ広場
https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1100324/activity_detail/187458

大塚美容形成外科・歯科の基本情報

住所 大塚本院:東京都豊島区北大塚2-30-6 石井ビル
アクセス JR山手線大塚駅より徒歩3分
診療時間 月~土10:00~19:00
日10:00~17:00
休診日 なし(祝日・年末年始要確認)
電話番号 0120-80-1611
院長が施術を担当
眼瞼下垂治療で評判のクリニック|東京版

美容外科専門医

院長:筒井裕介

  • 切らない眼瞼下垂
    216,000
  • 眼瞼下垂施術(切開)
    324,000
初診料
tel:03-6228-6617
無料

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医

院長:真﨑信行

  • 埋没式挙筋短縮(切らない)
    400,000
  • 眼瞼下垂(切開)
    600,000
初診料
tel: 03-5428-4225
5,000円

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医(JSAPS)

院長:池本 繁弘

  • 上眼瞼たるみ取り手術
    300,000
  • 眼瞼下垂(開瞼増大術)
    500,000
初診料
tel:03-3272-5666
2,000円

公式サイトへ

調査基準・定義※1:2019年5月27日時点で美容医療の口コミ広場の掲載情報を参照。眼瞼下垂治療を受けた方が書いたレポート評価☆3以上、投稿口コミ件数100件以上、クリニックの総合満足度☆4.3以上の条件のもと、東京にある美容クリニックを調査。その中から院長が施術を担当してくれるクリニック3院を紹介します。このサイトにおける名医表記はあくまで上記の定義に該当したクリニック・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。

眼瞼下垂に治療について:眼瞼下垂の程度により治療内容はことなりますが、まぶたが重くなって開きにくくなったまぶたを治療することで、視野を広げ改善する治療法。
眼瞼下垂手術の費用:保険適用であれば、数千円〜数万円程度。自由診療になると20万〜60万程度となり、クリニックによって金額が大きく異なる。
眼瞼下垂の治療期間:2週間程度の腫れ。切開をする治療の場合、術後に抜糸が必要。腫れがきれいにひくまでは数ヶ月程度かかる。
副作用・リスク:左右差、瞼の違和感、内出血、腫れがなかなかひかないなど。また、ドライアイ、瞼が閉じづらくなる可能性もある