眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト » 眼瞼下垂治療の名医がいるクリニック|東京編 » 高須クリニック

高須クリニック

CMでも有名な高須クリニックの眼瞼下垂手術と費用を調査!実際にクリニックで施術を受けた方のリアルな口コミやドクターの経歴についても紹介しています。

このサイトにおける名医表記はあくまで下記の定義※1に該当したクリニック・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。調査基準・定義※1:2019年5月27時点、美容医療の口コミ広場の掲載情報を参照。眼瞼下垂治療を受けた方が書いたレポート評価☆3以上、投稿口コミ件数100件以上、クリニックの総合満足度☆4.3以上の条件のクリニック

眼瞼下垂で評判の高須クリニック

高須クリニック

引用元HP:高須クリニック(https://www.takasu.co.jp/operation/eye/ganken.html)

開院以来40年以上、常に「キレイ」を追求

常にキレイを追求する高須クリニックでは、世界各国で開かれる美容外科学会に積極的に出席するなど、新しい技術を取り入れるため日々努力しています。また、新しい技術を、患者さんの顔で試す前に、まずは自分の顔で試すことを当たり前に考え、気になる手術は高須院長自ら受けています。

2つの眼瞼下垂手術メニューから選べる

美容整形・美容外科として名高い高須クリニックの眼瞼下垂手術は、まぶたを開くための筋肉を縫い縮める方法(通常手術)と、自分の身体の一部の筋肉を使用する筋膜移植とがあります。

これらの手術では、いずれも術後1~2週間は手術箇所が腫れます。そのため、仕事などの影響でダウンタイムがとれない方のために、片目ずつの手術も可能としているのが、高須クリニックの眼瞼下垂手術の特徴のひとつです。

施術方法や施術の流れは、患者1人ひとり異なる症状にあわせて提案できるのも、実績豊富な高須クリニックの強み。事前に治療のリスクや合併症などについてもわかりやすく説明してくれるので、はじめて眼瞼下垂の手術をうける方でも心配ありません。

ホームページでは、施術6か月後の腫れ、ダウンタイム、傷跡、効果について解説した動画も掲載されていますので、興味のある方は一度のぞいてみるといいでしょう。

眼瞼下垂の名医がいるクリニックを見る

高須クリニックの眼瞼下垂手術のメニュー・料金

通常手術の眼瞼下垂:700,000円

眼瞼挙筋を縫い縮めて、上まぶたの開く力を高める手術法。目の縦の幅を広げる。

  • 副作用・リスク:まぶたの強い腫れや内出血、仕上がりが完璧に自分の思ったようにならない場合がある、二重のラインの癒着がとれる可能性、片目ずつ手術をする場合は仕上がりの左右差がでるリスクも。 
  • 手術期間:施術時間30分。強い腫れは個人はあるものの、1~2週間ほど。メイクは抜糸後より可。

その他の筋膜移植の場合は、片目 550,000円、両目 900,000円です。ただ、各院によって異なる場合もあるので、事前にしっかりと確認しましょう。

院長:高須 克弥医師の紹介

高須院長は、愛知県生まれの東海高校出身。昭和大学医学部卒業昭和大学医学部を卒業。大学院の在学している時から積極的に海外へ研修にでかけ、美容外科技術を学んでいました。同大医学部整形外科大学院卒業後、高須病院を開設。

  • 所属学会・資格:日本医師会会員、日本美容外科医師会事務局長、日本美容外科学会専門医、日本美容外科学会専門医制度審議委員会委員長、、日本形成外科学会会員、アメリカ脂肪吸引学会会員、アジア美容外科学会会員、日本美容外科医師会会員、日本形成外科学会認定医、アジア美容外科学会顧問、昭和大学医学部形成外科学(美容外科学部門)客員教授ほか

高須クリニックの口コミ・眼瞼下垂手術の評判

人気と実力を兼ね備えた先生

人気クリニックなのでカウンセリング予約が埋まるのも早く、即決で高須幹也先生に決めました。カウンセリングもしっかりとわかりやすく説明してくれたし、先生も話しやすい方でした。これからメイクするのが楽しみになりそうです。よくを言えば、個室があればもっとよかったかな。

参照元:みん評 みんなの評判ランキング
https://minhyo.jp/takasu-clinic-seikei

先生のおかげで手術に不安なく挑めた

費用は思ったより高かったですが、いままでとこれから先の費用対効果を考えると安いかな、と思っています。担当が男の先生だったけど、施術についての方法やメリットやデメリットなどをハッキリ伝えてくれたので、不安なく手術に挑めてよかったです。施術そのものも30~40分ほどで終わりました。先生だけでなく、看護師さんたちもみなさん丁寧で親切で、感謝しています。

参照元:美容医療の口コミ広場
https://minhyo.jp/takasu-clinic-seikei

有名なクリニックだったので選びました

有名で実績もあるので、安心だと思い、高須クリニックを訪ねてみました。カウンセリングでは先生がよく説明してくださるし、こちらの話もしっかり聞いて答えてくださいました。二重の幅も何パターンも試してくれました。(40代女性)

しっかりと目を見てお話ししてくれたから

セカンドオピニオンのつもりで高須クリニックに行ってみました。ちゃんと顔を見て丁寧に手術の説明をしてくださったので、信頼できると思い、そこでお願いすることにしました。(20代女性)

高須クリニックの基本情報

住所 東京院:東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館12F
アクセス 東京メトロ千代田線赤坂駅より徒歩2分
診療時間 10:00~19:00
休診日 なし
電話番号 03-3587-2061
院長が施術を担当
眼瞼下垂治療で評判のクリニック|東京版

美容外科専門医

院長:筒井裕介

  • 切らない眼瞼下垂
    216,000
  • 眼瞼下垂施術(切開)
    324,000
初診料
tel:03-6228-6617
無料

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医

院長:真﨑信行

  • 埋没式挙筋短縮(切らない)
    400,000
  • 眼瞼下垂(切開)
    600,000
初診料
tel: 03-5428-4225
5,000円

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医(JSAPS)

院長:池本 繁弘

  • 上眼瞼たるみ取り手術
    300,000
  • 眼瞼下垂(開瞼増大術)
    500,000
初診料
tel:03-3272-5666
2,000円

公式サイトへ

調査基準・定義※1:2019年5月27日時点で美容医療の口コミ広場の掲載情報を参照。眼瞼下垂治療を受けた方が書いたレポート評価☆3以上、投稿口コミ件数100件以上、クリニックの総合満足度☆4.3以上の条件のもと、東京にある美容クリニックを調査。その中から院長が施術を担当してくれるクリニック3院を紹介します。このサイトにおける名医表記はあくまで上記の定義に該当したクリニック・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。

眼瞼下垂に治療について:眼瞼下垂の程度により治療内容はことなりますが、まぶたが重くなって開きにくくなったまぶたを治療することで、視野を広げ改善する治療法。
眼瞼下垂手術の費用:保険適用であれば、数千円〜数万円程度。自由診療になると20万〜60万程度となり、クリニックによって金額が大きく異なる。
眼瞼下垂の治療期間:2週間程度の腫れ。切開をする治療の場合、術後に抜糸が必要。腫れがきれいにひくまでは数ヶ月程度かかる。
副作用・リスク:左右差、瞼の違和感、内出血、腫れがなかなかひかないなど。また、ドライアイ、瞼が閉じづらくなる可能性もある