眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

四谷見附クリニック

保険でまぶたのたるみ解消手術を行う四谷見附クリニックについて調べました。手術を受けた人の体験談や手術料金も掲載。

眼瞼下垂の手術を受けられる四谷見附クリニック

眼瞼下垂の治療が受けられる四谷見附クリニック四谷見附クリニックは、形成外科と美容外科が融合したクリニックです。

形成外科医にしかできないこと、美容外科医にしかできないことがある中、両方の観点から診療を行い幅広い選択肢から治療方法を選びます

さまざまなメニューがありますが、特にまぶた治療を得意としています。眼瞼下垂の治療では先天性眼瞼下垂、腱膜性眼瞼下垂、老人性眼瞼下垂など、多くの症例経験があります。

四谷見附クリニックは、保険診療指定医療機関でもあります。病気であるなら医師の診断の元に健康保険での治療が可能です。

もちろん、眼瞼下垂も病気の症状なので保険が適用されます。美容外科で扱う二重治療を含む、目の周りの手術技術を保険診療にも反映できます。

保険適用だからと、手術のクオリティが落ちることはありません。ただし、保険適用の手術では切らない治療はできません。

松尾式と呼ばれる腱膜固定法や切開重瞼など、切開する手術を受けることになります。

様々なタイプの眼瞼下垂手術に対応可能

・腱膜性眼瞼下垂

腱膜性眼瞼下垂は、筋肉と瞼のつながりが弱いことで起こる眼瞼下垂のタイプです。眼瞼挙筋はちゃんと引っ張っているにもかかわらず、ミュラー筋と呼ばれる筋肉が弱くて伸びているため、うまく引っ張ることができなくなっています。うまく持ち上げられないため、本来は瞼を持ち上げるために必要ではない前頭筋も参加して引っ張りあげなくてはならなくなっているのが、腱膜性眼瞼下垂と呼ばれています。

腱膜性眼瞼下垂の特徴は、眉毛が上がりおでこにしわができたり、ミュラー筋が動くことによって頭痛や自律神経失調症が起こったりといった症状が現れる点です。

腱膜性眼瞼下垂の治療として用いられるのは、腱膜固定術です。腱膜固定術は別名で信州大学式、松尾法と呼ばれることもあります。外れてしまっている、緩んでしまっている状態の腱膜を、瞼板に再固定して機能を元に戻すという治療法です。筋肉には触れることがない状態で筋肉の状態をもとに戻せる術式なので、筋肉に触れる必要がある他の手術よりも手術時間も短く、そして腫れも少ない状態で手術を終えることができる、というメリットもあります。

・老人性眼瞼下垂

老人性眼瞼下垂は、皮膚にたるみが多い状態の眼瞼下垂です。眼瞼挙筋の働きは問題がないのですが、皮膚がたるんで垂れ下がっていることにより、視野も狭くなっている状態です。老人性眼瞼下垂だけで発生することもあれば、先ほどご紹介した腱膜性眼瞼下垂とともに発生していることもよくあります。

老人性眼瞼下垂の場合、まぶたのたるみとりとして切開重瞼という方法を用いることが多いです。たるんだ皮膚を取り除くことによって、従来通りの視野を取り戻すことができます。眼瞼挙筋の力だけでちゃんと持ち上がり、視野も広がるでしょう。年齢を重ねて視野が狭く瞼を持ち上げにくくなっていた、という症状からも解放され、無駄な力を使わないためとても楽に感じられます。

腱膜性眼瞼下垂を同時に発症している場合は、そちらの手術も同時に行うことができます。

・先天性眼瞼下垂

先天性眼瞼下垂は、眼瞼挙筋が弱い場合の眼瞼下垂です。力が不足しているため、瞼を持ち上げることができなくなります。代わりにミュラー筋、前頭筋が頑張って持ち上げるようになります。眼瞼挙筋が弱い原因は複数ありますが、筋肉そのものが弱い場合、筋肉を動かす神経に障害があってうまく、筋肉が機能しない場合と2パターンに分けることができるため、どちらであるかは検査して診断してもらわなくてはいけません。

症状としては、腱膜性眼瞼下垂と同じです。ミュラー筋や前頭筋に負担がかかってしまうため、頭痛や自律神経失調症などの症状が起こります。

先天性眼瞼下垂の治療法は、おでこの筋肉として働いている前頭筋の動きを瞼に伝えやすくする手術が基本です。これを、筋膜移植法といいます。前頭筋の力が瞼に伝わりやすくなるため、眉毛を上げたりおでこを動かせばちゃんと瞼も開けるようになる、という仕組みです。

眼瞼下垂の解消にむけて

これらが、一例として挙げた眼瞼下垂の症状と治療法です。細かな治療法まで合わせればまだまだたくさんありますが、基本の治療法と考えておいてください。眼瞼下垂の治療は、どこにどう問題が起こっているかがわからなければ、効果的な治療をすることができません。この治療法がいい、と思ってクリニックへ行っても、その治療法では眼瞼下垂が解消できないとなれば、やる意味がないからです。どの治療法がいいのか、どうすることで悩んできた眼瞼下垂が解消されるのかは、しっかりと話し合い・相談などを経て決定しましょう。後悔しない治療を受けるために、とても大切なことです。

眼瞼下垂手術の費用

  • 前転法(筋肉の強化):3割負担 約43,000円/1割負担 約15,000円
  • 筋膜移植法:3割負担 約111,000円/1割負担 約37,000円
  • その他(皮膚のみ切除):3割負担 約36,500円/1割負担 約13,000円

眼瞼下垂治療の体験談

  • どこも保険適応外診療ばかりの中、保険治療をしてくださり、本当に助かりました。先生は素晴らしい方で、眼瞼下垂や手術についての丁寧な説明をしてくださいました。しかも、美容にもこだわってくださったので、安堵して涙ぐんでしまいました。手術も大成功で、15年前の顔に戻ってしまいました。(50代女性)

四谷見附クリニックの基本情報

所在地 新宿区四谷1-5 東交ビル4階
診療時間 平日10:00~13:00/14:00~19:00(土曜は13:00~19:00) 水・日・祝日休診

ドクター紹介

院長 吉川嘉一郎

平成10年に慶應義塾大学医学部を卒業、形成外科としての修練を積み続け平成17年には形成外科学会認定専門医を取得。卒業後に形成外科を選んだ理由は、2つ。1つは手術ができる科であること、そしてもう1つは子供を多く診ることができる科であること。

そして美容外科医療は形成外科治療の延長線上にある、と考え、研修医の時代から形成外科や美容外科の世界で腕を磨いてきました。また、レーザー治療も安心して受けられるようにと、平成24年8月には日本レーザー医学界認定レーザー専門医、レーザー指導医の取得もしています。形成外科としての施術、眼瞼下垂や乳房形成などから、美容外科としてのフェイスリフトや二重形成などまで幅広くこなします。

美容外科を始めた理由は、「マイナスからゼロ」にするだけではなく、「ゼロからプラス」にする世界に魅力を感じたからなのだとか。形成外科医の目から見る美容外科を追求、そして今までの身につけた技術を美容外科にも還元したい、と思ったのがきっかけとなりました。その人が持つ固有の美しさを追求することを基本とし、パーツだけではなくそのパーツのバランスにこだわって施術を行います。まさに、形成外科専門医としての経験があるからこその考え方といえるでしょう。

また、病気であれば健康保険で治療をするべきという考え方もあり、四谷見附クリニックでは健康保険診療を基本としています。保険治療での施術についても相談しやすい環境が整っており、費用対効果のある施術を受けることができるでしょう。

性格はとても誠実で優しいと周囲から評判で、普段の診察ではできるかぎり専門用語を使わないことを基本としています。ちゃんと患者さんが理解できるように、そして納得できるようにと考えているためです。また、患者さんが希望する施術であっても、不要な治療である、合わない治療であると判断した場合には断ることもあるといいます。それだけ、本当に患者さんのことを考えて向き合ってくれるという信頼の証でもあります。

院長の略歴

  • 平成10年 慶應義塾大学 医学部卒業
  • 平成10年 慶應義塾大学医学部 形成外科学教室入室
  • 平成16年 埼玉医科大学総合医療センター 形成外科出向
  • 平成17年 形成外科学会認定専門医取得
  • 平成18年~20年 タカナシクリニック新宿勤務~副院長就任
  • 平成23年 四谷見附クリニック 開院
  • 平成24年 日本レーザー医学会認定専門医および指導医取得
ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト