眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

意外とわからない?眼瞼下垂チェックで自己診断

眼瞼下垂の症状の中には、まぶたが重く感じる以外にも目のくぼみ、肩凝り、額のシワなど様々なものがあると言われています。

簡単に眼瞼下垂チェックができるの自己診断表を作ってみたので、まずは以下の項目に当てはまるものがあるか確認してみてください。

眼瞼下垂チェックの自己診断表

自己診断表で、当てはまるものがあればチェックを入れてみましょう。

チェック 自己診断項目
瞼(まぶた)が重いと感じるときがある
日常的にコンタクトレンズを使用している
おでこにシワが増えた気がする
上まぶたにへこみ、又はくぼみを感じる
まゆ毛と目の間隔が広がってきた
以前と比べ目が小さくなったと感じる

以上、表中で2つ以上当てはまった人は、眼瞼下垂である可能性があります。可能性アリの人は、下の表もチェックしてみてください。

チェック 自己診断項目
よく目をこする(クセがある)
肩こり・片頭痛持ちである
目が疲れやすい・目の奥に痛みを覚える
長時間パソコンを使う
さかさまつ毛である(まつ毛が内向きに生えている)
前触れなく顔がほてる・大量に汗をかく時がある(ホットフラッシュという更年期障害の症状)

以上の項目でも2個以上チェックがあるようでしたら、ほぼ眼瞼下垂であるといって間違いないでしょう。

今回、まぶたの下垂に悩んでいる人のために、眼瞼下垂の名医がいるクリニックを調査してランキングにまとめています。ぜひこちらもチェックしてみてください。

瞼(まぶた)が重いと感じる時がある

瞼の筋力が低下して垂れ下がっている状態になるので、瞼を重いと感じやすいです。垂れ下がってきた瞼を持ち上げるのにも、今まで以上に力が必要となります。そのため、重さを感じるようになるでしょう。いつもより目を開けるのが大変…と感じるようになったら、眼瞼下垂の疑いがあります。

日常的にコンタクトレンズを使用している

視力矯正で使っている人も多いコンタクトレンズ、日常的に使用していると眼瞼下垂は発生しやすいです。コンタクトレンズは目にとって異物なので、無意識のうちに裸眼の時よりも瞬きをする回数が増えます。その分瞼の筋肉は酷使され、瞼がたるみやすくなるでしょう。特にソフトコンタクトレンズよりもハードコンタクトレンズの場合に起こりやすいです。

おでこにシワが増えた気がする

瞼が思うように開かなくなっても、違う筋肉で補いながら瞼を開こうとします。一番近くで筋肉のある場所といえば、おでこです。おでこの筋肉が瞼を上に持ち上げるようになるので、横に向かってシワがよりやすくなるでしょう。加齢でも発生するシワなので見分けづらいですが、瞼の重みや開きづらさを同時に感じている場合は眼瞼下垂が影響しています。

上まぶたにへこみ、又はくぼみを感じる

瞼が垂れ下がってくると、脂肪の集まる位置が下に下がります。今まで脂肪があった部分が下垂するため、へこみやくぼみを感じやすいです。逆にへこみやくぼみの下にボリュームが多くなり、腫れぼったい目になります。

まゆ毛と目の間隔が広がってきた

瞼を上げる力が弱くなると、目が開きにくくなります。力いっぱい目を開いていても、以前よりも瞼が上がらなくなってしまうでしょう。瞼が上がりづらくなるのは徐々になので、上がりづらくなったな…と実感するのは難しいですが、鏡を見てまゆ毛と目の感覚が広がっているときは要注意。瞼を上げきれていない可能性があります。

以前と比べ目が小さくなったと感じる

目が開きづらくなると、瞼が目にかぶさるようになります。当然瞳が見える範囲は狭くなるので、目が小さくなったと感じることも多いでしょう

よく目をこする(クセがある)

目を無意識のうちにこすってしまっている人は、眼瞼下垂を招きやすいです。サイトではこのように書かれています。

まぶたを擦る(アトピー、逆さまつげ、花粉症、コンタクトレンズの使用、良く泣く、目を覚ますため、化粧を落とすため)と、腱膜が瞼板より外れたり薄くなってしまい、神経部分や筋肉が正常であるにも関わらずまぶたが挙がらなくなるとされています。目をこすりがちな人は、瞼に悪い影響を与えているということです。

肩こり・片頭痛持ちである

無意識に瞼以外の部分に力が入っているため、疲労によって肩こりや片頭痛が発生しやすくなるのも眼瞼下垂の特徴です。

目が疲れやすい・目の奥に痛みを覚える

目の疲れや痛みは眼瞼下垂の前兆です。目が疲れているということでもありますし、同時に瞼も疲れます。瞼の疲れは積み重なって筋肉へのダメージへと変わり、眼瞼下垂になります。

長時間パソコンを使う

< p >パソコンを仕事や趣味で長時間使っている現代人は多いですが、使いすぎで目の酷使をしてしまいます。目の疲れと同時に、瞼も開いたり閉じたりを過度に繰り返すこととなり、廊下とともに眼瞼下垂になりやすいでしょう。

 

さかさまつ毛である(まつ毛が内向きに生えている)

さかさまつ毛だと、気になって目をこする頻度が増えます。こすった刺激で瞼に悪い影響を与えてしまうため、眼瞼下垂になりやすいですね。

前触れなく顔がほてる・大量に汗をかく時がある(ホットフラッシュという更年期所外の症状)

更年期になると多くの人が感じる症状が、ホットフラッシュです。ホットフラッシュが起こる年齢ということで、瞼も老化していて眼瞼下垂になっていることも。それ以外にも、汗をかいてしまって瞼を引っ張るようにして拭いてしまうなど…刺激を与えてしまうのもNGです。

眼瞼下垂の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂を放っておくと…

  • 偏頭痛や肩こり

瞼が正常に上がらないと、瞼以外の筋肉を使って一生懸命視界を確保しようとするのが人間の仕組みです。無理な力が常に加わっている状態になるので、筋肉が緊張してしまいます。その結果、肩こりや偏頭痛も起こしやすくなります。

肩こりや偏頭痛を改善するための治療というよりも、眼瞼下垂を改善させることで自然と肩こりや偏頭痛が改善されるでしょう。

  • 視力の低下

視力の低下は、特に先天性眼瞼下垂にて起こりやすいです。

先天性眼瞼下垂は、時に視力の発達に影響しますので、一度は早期に眼科を受診し、視機能評価や合併症の有無、手術の必要性とその時期などを判断してもらうことを勧めます。

出典:眼瞼下垂_日本眼科学会
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/hoka_kasui.jsp

とのことです。まぶたによって視界が遮られていたり、目を使う力が弱くなってしまうのが原因で視力の発達を妨げてしまうでしょう。

治療法としては、子供のうちに早く手術を受けることが最善です。ただし、手術は3歳すぎから、とされています。視力が上がっていくかどうか、といった様子を見るのだとか。焦らず医師の判断を仰ぎましょう。ただし、まったく瞼が開かない、見るのがつらそうと感じるときだけ3歳未満でも手術をすることがあります。早めに眼科を受診し、どの段階で手術が必要になるか医師に相談しながら治療を進めていかなくてはいけません。

眼瞼下垂を放っておくと…?「少し見えづらいだけだし大丈夫」「そのうち良くなるだろう」「大したことないし騒ぐほどでもない」…そんな風に思っていませんか?

眼瞼下垂は、放っておくと偏頭痛や肩こり、視力の低下につながってきます(もちろん実年齢よりも老けて見えます)。ですので、なるべく早く専門のクリニックに相談してください。

たとえば、今回調べた真崎医院では、専門クリニックならではの治療をしてくれます。

  • 治療の仕上がりに納得がいかなけば、術後すぐに元にもどしてくれる
  • 元にもどした場合、手術料金を全額返してくれる
  • 傷跡の心配やダウンタイムがほぼない方法を採用している
  • メスを使わないので腫れや痛み、抜糸がない
  • 手術時間は両目で20分と短時間で終わる
  • 数多くの芸能人を手がけた名医が担当してくれる

真崎医院の公式ホームページには、130を超える眼瞼下垂の症例写真が掲載されています。まぶたの下垂に悩んでいる人は、まずは真崎医院に相談してみることをお勧めしますよ。

真崎医院の症例写真をチェック

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト