眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とはどのような病気か。主な症状や原因、代表的な治療法などを探ってみました。クリニックに行く前に知っておきたい基礎知識を紹介します。

眼瞼下垂ってどんな病気?

眼瞼下垂とは、上まぶたが垂れ下がって目が開きにくくなる状態です。

眼瞼下垂とは?あまりなじみのない病名かもしれませんが、最近はテレビなどで治療法が取り上げられるほど、眼瞼下垂に悩む人は増えていると言われています。

初期の症状としては、まぶたが重く感じる、目尻の皮膚がたれる、目の奥に痛みが出るなど。

ひどくなると、偏頭痛視力の低下などを引き起こすこともありますが、
基本的には手術で改善することができます

以前は生まれつきの先天性眼瞼下垂か、老化によるものが多かったようです。ですが、最近はパソコン作業ハードコンタクトの着用などで、年齢問わずに症状が出ることが多いそう。

初期の段階ではなかなか気付きにくい病気でもありますから、自分に当てはまる原因がないか知っておくことも大切です。

このカテゴリーでは、そういった年代別の原因や具体的な治療法についても紹介しているので、ぜひ一度目を通してみてください。

年代別に見る原因

眼瞼下垂になりやすいのは、やはり年齢を重ねてから。この場合は後天性です。 先天性の場合は生まれつきで眼瞼下垂ですが、加齢に伴うものは後天性です。日々のパソコンやスマホ疲れ、コンタクトレンズの装用、ストレス、老化などによって起こります。

20代から30代なら生活習慣が影響しており、40代から50代なら筋力低下などが原因になるとされています。子供だと先天性と判断しがちですが、中には後天性のものもあるので、まずは原因を知るところから始めましょう。

それでは、年代別に見る原因について詳しくご紹介しています。

主な症状

眼瞼下垂は軽度か重度化によって症状は異なります。まぶたが少し重いというだけでも症状ですし、視界が悪くなるぐらいの状態での1つの症状です。主な症状を知っておけば、もしかして眼瞼下垂なのかも…と気づけるでしょう。

眼瞼下垂であると判断される基準や、眼瞼下垂が発症する仕組みなども把握しておくと、病院でも自分の症状や状態をきちんと説明できます。

症状の早期発見方法

眼瞼下垂は少しでも早く発見して、少しでも早く治療を受けた方が回復までの時間も早く、眼瞼下垂が治りやすいです。眼瞼下垂になりやすい人の特徴も知っておきましょう。

自分がなりやすいかどうかをチェックしてみて、あてはまるところがあれば改善したり、気を付けたりしながら未然に防ぐこともできます。眼瞼下垂のセルフチェック方法もあるので、まずは自分でチェックしてみましょう。

もしかしたら…と思ったらすぐに病院で診察を受け、治療を開始したいですね。

代表的な治療法

眼瞼下垂の代表的な治療法は、手術です。ただし手術はどの部位が問題なのか、どのような眼瞼下垂なのかによっても異なります。状態によって変わるものの、最近の眼瞼下垂の手術は比較的早く回復が可能とされています。

まずは自分の眼瞼下垂を改善させるための手術を知り、安心するためにも手術法について調べておくといいでしょう。

隠れた症状の見分け方とは

眼瞼下垂であるかもしれないとわかるような症状が出ていれば、病院に行くこともできます。しかし、実は隠れ眼瞼下垂の症状があるって知っていますか?自分では気が付きにくいので、重度になってからしか気付けない恐れがあります。

隠れ眼瞼下垂というのはいろいろな症状がありますが、くぼみ目もそうですし、眠そうだねと言われることが多い、黒目の下に白目が見えているなど…細かな症状がたくさんあります。

このような細かな症状を知っておけば、もしかして眼瞼下垂なのかも?と早期で気付いて治療も可能です。

まぶたの筋肉と構造

まぶたはひとくくりで考えがちですが、実は筋肉が細かく分かれた構造になっています。眼輪筋・瞼板・眼瞼挙筋・挙筋腱膜・ミューラー筋・眼窖脂肪がまぶたを作り上げている組織です。

これらの組織のどこかに何らかの異常が出ていると、眼瞼下垂という症状が発生します。眼瞼下垂の症状については理解していても、まぶたの仕組みがわからないと手術を受けるのも怖さが勝ってしまいがちです。

安心して手術を始めたとした治療をするために、まずはまぶたの筋肉と構造を知るところから始めましょう。

予兆に気付いた場合の対策

眼瞼下垂かもしれない、と予兆に気づいた場合、少しでも早く症状の悪化を食い止めなくてはいけません。自分でも悪化を防ぐためにできる対策はいくつかあります。

病院でしっかりと治療を受けることも大切ですが、自分でもできる対策で悪化を防ぎ、早期の改善を目指ししたいですね。

身体への影響

眼瞼下垂になると、目の症状だけではなくその他の身体の部分にも影響が出ます。頭痛や肩こりなどは特に出やすい症状ですし、うつ症状が出ることもあります。眼瞼下垂が改善しないと、対処療法をしていても身体の症状も改善しません。

原因である眼瞼下垂の改善をまずは優先して行いましょう。

眼瞼下垂の初期症状

眼瞼下垂の初期症状は、「まさかこんな症状が?」と思うような症状が当てはまります。特に初期の場合は、自分でまぶたが下がってきていることに気づかないでしょう。初期症状は、主に、おでこの皺・肩こり・不眠・頭痛です。どれも眼瞼下垂とは関係なく起こることもある症状なので、注意が必要ですね。肩こりがひどくなってきた、頭痛がする、夜眠れない、おでこの皺が増えた…という症状は普段の生活でありがちです。眼瞼下垂とは関係ないだろうと初期症状を見逃してしまわないように、これらの症状が起こったら、眼瞼下垂かもしれないと疑うようにしましょう。

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト