眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

年代別にみる原因

眼瞼下垂の原因を年代別にまとめてみました。自分に当てはまる項目がないか、チェックしてみてください。

眼瞼下垂の原因とは

上まぶたの筋肉が垂れ下がる眼瞼下垂には、先天性、後天性、偽眼瞼下垂の3つのタイプがあります。

生まれた時から、まぶたを上げる筋肉が上手く動かない先天性。そして、近年増加傾向にあると言われる後天性

後天性は、加齢による筋肉の衰えや、目を酷使するパソコン作業も1つの要因と言われています。最近では、目の疲れに悩む人も増えているので、眼瞼下垂は誰にでも起こり得るのかもしれません。

以下に年代別に具体的な原因をまとめたのでご覧ください。

20~30代の眼瞼下垂の主な原因は生活習慣

20~30代の眼瞼下垂の原因とは若いときに眼瞼下垂になる主な原因は、まぶた(目)に大きな負担がかかること。パソコンなどで長時間目を酷使したり、ハードコンタクトの長期利用などもその一つです。

また、目をこするなど直接まぶたに負担をかける行為も良くないとのこと。まぶたを擦ることによって、瞼板と腱膜のつながりが外れて筋肉の収縮ができなくなってしまうのだそう。

とくに女性の場合、メイクを落とす際に必要以上にこすったり、過剰に目元のメイクをするのは避けるのが良さそうです。

歳を取ってからの眼瞼下垂は筋力の低下が原因

眼瞼下垂の原因は3つのタイプに。一方、歳を取ってからなる眼瞼下垂の主な原因は老化です。

年齢を重ねることで筋力が低下したり、皮膚がたるんでくることで上まぶた自体が下がってきてしまうのだそう。「目が小さくなったかな?」と歳を取ってから感じ始めた人は、眼瞼下垂である確率が高いそうですよ。

また、若年性眼瞼下垂と同様に、ハードコンタクトの長期間使用やPC作業で目を酷使していた方などは、より眼瞼下垂になりやすいという傾向も…。

その他には白内障、緑内障などの手術の後に症状が出ることもあるそうです。

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト