眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

隠れた症状の見分け方とは

ここでは隠れ眼瞼下垂の見分け方を解説しています。

これも眼瞼下垂?意外な症状

眼瞼下垂は、「自分では気づきにくい」と言われています。また、大人の眼瞼下垂は必ずしも病気とは言えないこともあるのです。なぜなら、瞼が重くなったり、まぶたが痩せると言った症状は、単純に加齢によるものも多いからです。

しかし、まぶたが下垂することによって、視界が狭くなったり、目が疲れやすくなったりする場合もあります。また、肩こりや頭痛などの症状が頻繁に起こるような時には、加齢によるものではなく、別の病気や手術、事故の後遺症などの場合があります。

素早く病気を特定する為にも、気になる症状が出た場合は、すぐに病院を受診するようにしましょう。

しかし、中には全く自覚がない、「隠れ眼瞼下垂」もあります。

隠れ眼瞼下垂とは?

眼瞼下垂には隠れた症状が存在しています。以下の項目をチェックして、自分に当てはまるものはないか確認してみましょう。

  • 上まぶたがくぼんでいる(窪み目)
  • おでこにシワを寄せながらまぶたを開けるクセがある(おでこのしわが深くなっている)
  • 黒目の下に白目が見えている(三白眼)
  • テレビやパソコンを長時間見ていると、目が疲れる
  • 疲れた目をゆっくり押さえると気持ち良いと感じる
  • 写真を撮るときに「あごを引いて下さい」と言われる
  • 眠くないのに、「眠そうだね」と他人から言われたことがある
  • 二重ではなく三重、四重まぶたである
  • 若いころに比べて二重幅が広くなった
  • コンタクトレンズを長年使っている
  • ドライアイ
  • 花粉症や結膜炎、アトピーなど、まぶた周囲にアレルギーがある

これにプラスして、辛い頭痛や肩凝りがあった場合、隠れ眼瞼下垂の可能性がとても高いです。

もしかして、と思ったら病院で診断を

眼瞼下垂かもしれない・・・と思ったときは、すぐに病院で診断してもらいましょう。無重力筋症や脳動脈瘤によって引き起こされることもあるので、早期発見をすることが大事です。

また、眼瞼下垂は眼科で手術をするのですが、主な流れや料金、注意点などについてまとめました。

手術の流れ

眼瞼下垂手術は、まぶたの中の瞼板と呼ばれるところに付着している眼瞼挙筋腱膜を探し出し、短く縫いつけることによって再び張力を回復する手術方法です。

両目のバランスを意識しながら手術をする必要があるのですが、中には「手術をしたけど両目の大きさが違う」というトラブルもあるようです。信頼できる病院で手術を受けましょう。

また、実際に手術を受けた方が口コミなどを投稿しているかもしれないので、一度ネット上で口コミを検索してみても良いかもしれません。

手術時間は片目で20分、両目で40分程度が目安と言われているので、比較的手軽に行なえる手術方法です。

料金

眼瞼下垂の料金は病院によって違うのですが、保険適用の疾患なので、1割負担、または3割負担で手術を受けることができます。

料金は、1割負担の場合で7,000円前後、3割負担の場合で20,000円前後と言われています。
意外にも低料金で手術を受けることができる手術です。

注意点

眼瞼下垂の手術をするにあたり、注意点があります。

  • 車はNG
    目の手術をするので、車で病院に行かないようにして下さい。必ず公共機関を利用し、どうしても車で行く場合は、家族に病院まで連れて行ってほしいとお願いしましょう。
  • 手術後しばらくは帰れない
    手術をした後は、安静にしておかなければならないので、「手術がおわったからすぐに帰宅」と言うわけにはいけません。看護師が全身の安定状態を確認し、問題がなければ帰宅できます。
  • 入浴・洗顔・洗髪はNG
    目に水やシャンプーなどの成分が入ると危険なので、手術後は入浴・洗顔・洗髪がしばらくできません。
    温かいタオルで全身を拭くなどして対処しましょう。
ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト