眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト » 瞼が下がる「眼瞼下垂」 » 隠れた症状の見分け方

隠れた症状の見分け方

ここでは、隠れ眼瞼下垂の見分け方を解説しています。

これも眼瞼下垂?意外な症状

眼瞼下垂は、「自分では気づきにくい」と言われています。また、大人の眼瞼下垂は必ずしも病気とは言えないこともあるのです。なぜなら、瞼が重くなったり、まぶたが痩せると言った症状は、単純に加齢によるものも多いからです。

しかし、まぶたが下垂することによって、視界が狭くなったり、目が疲れやすくなったりする場合もあります。また、肩こりや頭痛などの症状が頻繁に起こるような時には、加齢によるものではなく、別の病気や手術、事故の後遺症などの場合があります。

素早く病気を特定する為にも、気になる症状が出た場合は、すぐに病院を受診するようにしましょう。

しかし、中には全く自覚がない、「隠れ眼瞼下垂」もあります。

隠れ眼瞼下垂とは?

眼瞼下垂には隠れた症状が存在しています。以下の項目をチェックして、自分に当てはまるものはないか確認してみましょう。

  • 上まぶたがくぼんでいる(窪み目)
  • おでこにシワを寄せながらまぶたを開けるクセがある(おでこのしわが深くなっている)
  • 黒目の下に白目が見えている(三白眼)
  • テレビやパソコンを長時間見ていると、目が疲れる
  • 疲れた目をゆっくり押さえると気持ち良いと感じる
  • 写真を撮るときに「あごを引いて下さい」と言われる
  • 眠くないのに、「眠そうだね」と他人から言われたことがある
  • 二重ではなく三重、四重まぶたである
  • 若いころに比べて二重幅が広くなった
  • ハードコンタクトレンズを長年使っている
  • ドライアイ
  • 花粉症や結膜炎、アトピーなど、まぶた周囲にアレルギーがある

これにプラスして、辛い頭痛や肩凝りがあった場合、隠れ眼瞼下垂の可能性が考えられます。

もしかして…と思ったら病院で診断を

高齢者に多いと言われる眼瞼下垂ですが、20代や30代でも眼瞼下垂の治療を受けている方もいます。ひょっとしたら眼瞼下垂かもしれない…と思ったときは、すぐに病院で診断してもらいましょう。眼瞼下垂ではない、無重力筋症や脳動脈瘤によって引き起こされることもあるので、早期発見をすることが大事です。

院長が施術を担当
眼瞼下垂治療で評判のクリニック|東京版

美容外科専門医

院長:筒井裕介

  • 切らない眼瞼下垂
    216,000
  • 眼瞼下垂施術(切開)
    324,000
初診料
tel:03-6228-6617
無料

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医

院長:真﨑信行

  • 埋没式挙筋短縮(切らない)
    400,000
  • 眼瞼下垂(切開)
    600,000
初診料
tel: 03-5428-4225
5,000円

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医(JSAPS)

院長:池本 繁弘

  • 上眼瞼たるみ取り手術
    300,000
  • 眼瞼下垂(開瞼増大術)
    500,000
初診料
tel:03-3272-5666
2,000円

公式サイトへ

調査基準・定義※1:2019年5月27日時点で美容医療の口コミ広場の掲載情報を参照。眼瞼下垂治療を受けた方が書いたレポート評価☆3以上、投稿口コミ件数100件以上、クリニックの総合満足度☆4.3以上の条件のもと、東京にある美容クリニックを調査。その中から院長が施術を担当してくれるクリニック3院を紹介します。このサイトにおける名医表記はあくまで上記の定義に該当したクリニック・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。

眼瞼下垂に治療について:眼瞼下垂の程度により治療内容はことなりますが、まぶたが重くなって開きにくくなったまぶたを治療することで、視野を広げ改善する治療法。
眼瞼下垂手術の費用:保険適用であれば、数千円〜数万円程度。自由診療になると20万〜60万程度となり、クリニックによって金額が大きく異なる。
眼瞼下垂の治療期間:2週間程度の腫れ。切開をする治療の場合、術後に抜糸が必要。腫れがきれいにひくまでは数ヶ月程度かかる。
副作用・リスク:左右差、瞼の違和感、内出血、腫れがなかなかひかないなど。また、ドライアイ、瞼が閉じづらくなる可能性もある