眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト » 瞼が下がる「眼瞼下垂」 » 眼瞼下垂の早期発見方法

眼瞼下垂の早期発見方法

ここでは、眼瞼下垂を早期発見するための方法をはじめ、眼瞼下垂になりやすい人にはどのような特徴があるかについてまとめています。それでは、早速眼瞼下垂を早期発見するポイントをご紹介します。

鏡を見て眼瞼下垂かセルフチェックする方法

眼瞼下垂かセルフチェックする方法
引用元HP:柳沢形成外科
http://yanagisawa-cl.com/blepharoptosis.html

1:垂直の鏡を用意する

2:正面を向いたまま目を閉じる

3:眉毛が動かないように人差し指で固定する

4:リラックスしてゆっくり目を開く

この手順で目を開いたとき、額に力を入れずに目を開けることができたら心配はありませんが、目が開けにくかったり、額に力が入ってしまう人、瞳孔(黒目の中心にある小さな丸)にまぶたがかかったら、眼瞼下垂が疑われます。ドクターに診断してもらいましょう。

1指を眉毛の下あたりに当てて、上瞼の皮膚を上に持ち上げてみましょう。眼の周りが楽に感じたり、随伴症状が和らぐ感じがあれば、手術のメリットは十分あると推測されます。

2 鏡を見ながら、努力して眼を開けてみましょう。黒眼の上側の白眼が1mm以上露出する場合はほぼ正常なので、あまり手術は勧められません。随伴症状を無くすことに固執すると、手術のリスクが高くなります。

引用元:社会福祉法人恩賜財団済生(https://www.saiseikai.or.jp/medical/disease/ptosis/#)

症状から眼瞼下垂かチェックする方法

  • 目の大きさが変わった…もとから目が二重の人は、眼瞼下垂が起こることでかえって目が大きく見えます。
  • 一重や奥二重だったが、幅が変わった…生まれつき一重や奥二重なのに、二重や三重になった場合眼瞼下垂の可能性があります。
  • 涙袋ができた/大きくなった…眼瞼下垂が起こると下まぶたに筋力が付き、涙袋が大きくなることもあります。
  • 目つきが悪くなった…目の下側の白目が露出する「三白眼」になり、なんとなく目つきが悪く感じられます。
  • 目の上にくぼみができた…眼瞼下垂が進むと、痩せている人は特に目の上にくぼみができやすくなります。
  • 肩凝りや眼精疲労、頭痛がある…眼瞼下垂によって視界不良となると、目の筋肉や肩に負担がかかり、肩凝りや頭痛を引き起こします。最近になって「肩凝りがひどくなった」「目の奥が痛い」といった症状が出てきたらは、眼瞼下垂が原因かもしれません。
  • 視力が落ちた…特に生まれつきの眼瞼下垂の人は、視力が落ちやすくなります。「最近目が悪くなった気がする」と感じる人や、コンタクトや眼鏡の度が合わなくなった人は眼瞼下垂を疑ってみましょう。
  • 瞼を重く感じる…視界が狭く日常生活で不便に感じること場面が増える。運転中に信号を見上げることがつらいなど。

このような症状に心当たりはないでしょうか?眼瞼下垂の兆候がないかどうか症状をチェックして、もしも少しでも気になる症状があれば、医師に相談することをおすすめします。

周りの人から指摘されて気づく方も…

また、セルフチェックではなく、周りの人から指摘されて眼瞼下垂に気付く人がいます。例えば、目が合っているのに上まぶたが瞳孔にかかっていたり、瞳孔が隠れてしまっている場合、眼瞼下垂の可能性があります。他には、眼瞼下垂になると、顔の印象が暗く見えたり、まぶたが下がって目つきが悪く見えるため、実年齢によりも老けて見えるなどの特徴があります。

眼瞼下垂とは、目を開いたときに上眼瞼縁が正常の位置〔角膜(くろめ)の上方が少し隠れる高さ〕より下がっている状態をいいます。このことにより、上方の視野が狭く感じられたり、外見が悪くなったりといった不都合が起こります。

引用元:日本眼科学会 眼瞼下垂

40代、50代と年齢を重ねていくと、加齢の影響もありまぶたが下がりやすくなります。瞼が下がるので、無理矢理目を開こうと額に力が入って眉毛が上がったり、瞼が下がっているので見えるように顎を上げて見たり…という動作をする人もいます。その人にとっては特別なことではないので気付かないかもしれませんが、周りから見ると、「見にくそうだな…」と感じるでしょう。

眼瞼下垂になりやすい人の特徴とは?

  • ハードコンタクトレンズを使用している
  • パソコンを長時間使用する
  • 目をこする癖がある
  • 眼精疲労が強い
  • 逆まつげである
  • まぶたがくぼんでいる
  • 過去に埋没法などの美容整形を受けたことがある

紹介した特徴に当てはまる人は、一度自分の生活習慣を見直してみるとよいでしょう。また既に頭が重く感じたり、肩こりや偏頭痛、おでこのシワが増えた、など、自覚症状が出ている場合は、眼瞼下垂の疑いがありますので、注意が必要です。一度、医師の診断を仰いでみることをおすすめします。

院長が施術を担当
眼瞼下垂治療で評判のクリニック|東京版

美容外科専門医

院長:筒井裕介

  • 切らない眼瞼下垂
    216,000
  • 眼瞼下垂施術(切開)
    324,000
初診料
tel:03-6228-6617
無料

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医

院長:真﨑信行

  • 埋没式挙筋短縮(切らない)
    400,000
  • 眼瞼下垂(切開)
    600,000
初診料
tel: 03-5428-4225
5,000円

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医(JSAPS)

院長:池本 繁弘

  • 上眼瞼たるみ取り手術
    300,000
  • 眼瞼下垂(開瞼増大術)
    500,000
初診料
tel:03-3272-5666
2,000円

公式サイトへ

調査基準・定義※1:2019年5月27日時点で美容医療の口コミ広場の掲載情報を参照。眼瞼下垂治療を受けた方が書いたレポート評価☆3以上、投稿口コミ件数100件以上、クリニックの総合満足度☆4.3以上の条件のもと、東京にある美容クリニックを調査。その中から院長が施術を担当してくれるクリニック3院を紹介します。このサイトにおける名医表記はあくまで上記の定義に該当したクリニック・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。

眼瞼下垂に治療について:眼瞼下垂の程度により治療内容はことなりますが、まぶたが重くなって開きにくくなったまぶたを治療することで、視野を広げ改善する治療法。
眼瞼下垂手術の費用:保険適用であれば、数千円〜数万円程度。自由診療になると20万〜60万程度となり、クリニックによって金額が大きく異なる。
眼瞼下垂の治療期間:2週間程度の腫れ。切開をする治療の場合、術後に抜糸が必要。腫れがきれいにひくまでは数ヶ月程度かかる。
副作用・リスク:左右差、瞼の違和感、内出血、腫れがなかなかひかないなど。また、ドライアイ、瞼が閉じづらくなる可能性もある