眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

症状の早期発見方法

ここでは眼瞼下垂なりやすい人にどんな特徴があるかと早期発見のためのセルフチェック法を紹介しています。

早期発見の方法となりやすい人の特徴

眼瞼下垂は、顔の印象が暗く見えたり、まぶたが下がって目つきが悪く見えるため、実年齢によりも老けて見えるなどの特徴があります。眼瞼下垂の早期発見の方法となりやすい人の特徴についてまとめました。下記文献にもありますように、眼瞼下垂は先天性と後天性に分けられ、今回まとめたのは後天性の眼瞼下垂です。

眼瞼下垂とは、目を開いたときに上眼瞼縁が正常の位置〔角膜(くろめ)の上方が少し隠れる高さ〕より下がっている状態をいいます。このことにより、上方の視野が狭く感じられたり、外見が悪くなったりといった不都合が起こります。原因は大きく、先天性と後天性に分けられます。

出典:『眼瞼下垂』日本眼科学会
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/hoka_kasui.jsp

眼瞼下垂になりやすい人の特徴

  • ハードコンタクトレンズを使用している
  • パソコンを長時間使用する
  • 目をこする癖がある
  • 眼精疲労が強い
  • 逆まつげ
  • まぶたがくぼんでいる
  • 過去に埋没法などの美容整形を受けたことがある
  • 昔に比べて目が小さくなったような気がする
  • 夕方になると眼の奥や額部分に痛みや苦痛を感じる など

1つでもチェックが当てはまった人は要注意です。 頭が重く感じたり、肩こりや偏頭痛、おでこのシワが増えた、など、自覚症状が出た場合も眼瞼下垂の疑いがあり、注意が必要です

眼瞼下垂セルフチェック法

眼瞼下垂はセルフチェックすることができます。「もしかしたら…」と思う方は、以下の方法でチェックしてみてくださいね。

顔を正面に向けたまま目を閉じ、そのまま両側の眉の上を人差し指で強く抑え、そのまま目を開けた時に、額に力を入れずに目を開けることができたら心配はありませんが、目が開けにくかったり、額に力が入ってしまう人は眼瞼下垂の可能性が高いので、眼科を受診するようにして下さい。

また、セルフチェックではなく、周りの人から指摘されて眼瞼下垂に気付く人がいます。例えば、目が合っているのに上まぶたが瞳孔にかかっていたり、瞳孔が隠れてしまっている場合、眼瞼下垂の可能性があります。

また、瞼が下がってくるので、無理矢理目を開こうと額に力が入って眉毛が上がったり、瞼が下がっているので見えるように顎を上げて見たり…という動作をする人もいます。その人にとっては特別なことではないので気付かないかもしれませんが、周りから見ると、「見にくそうだな…」と感じてしまうかもしれません。

もし、身近でこのような動作をしている方がいるようでしたら、一度眼科を受診するように勧めてあげましょう。

「自分は眼瞼下垂だと思うけど、それほど生活に苦労していない」と言う人もいるかもしれませんが、放っておくと頭痛や肩こりがひどくなる場合もあります。

頭痛や肩こりだけでおさまればよいですが、中には、「無重力筋症」や「脳動脈瘤」などの大きな病気が隠れていることもあります。これらによって眼瞼下垂が引き起こされることもあるので、なるべく早期発見することが大切です。[1][2]

眼瞼下垂は老けて見えるだけでなく、大きな病気につながっていることがあります。生活に支障がないからと、放置せずに眼科を受診しましょう。症状が重くなればなるほど手術費用は高くなりますし、視界も悪くなるので余計に生活しにくくなります。

一度垂れてしまった瞼は元には戻らないので、最近まぶたが重くなってきたと感じる場合は、すぐに眼科に行って治療を始めた方が、結果的に費用も安く済みます。また、視界が悪いことで起こる可能性がある“事故”の防止にもなりますよ。

【参考URL】

参考[1]:『重症筋無力症について』一般社団法人 全国筋無力症友の会
http://www.mgjp.org/medical/

参考[2]:『脳動脈瘤とは』昭和大学病院
http://www.showa-u.ac.jp/SUH/department/list/neurosug/explanation4/index.html

眼瞼下垂が原因の頭痛は注意

眼瞼下垂の症状を早期発見するためには、体の不調を見過ごしてはいけません。その1つが頭痛です。眼瞼下垂の症状として、頭痛が起こることがあります。

眼瞼下垂と頭痛の関係

頭痛が起きたからといって眼瞼下垂を疑う人は少ないはず。「頭痛ぐらいで病院に行くなんて」と思っている人も多いですし、ひどい頭痛を感じて病院に行っても、CTやMRIなどで異常が見つからず、何が原因なのかわからない頭痛に悩まされる人もいるでしょう。実は眼瞼下垂が原因で頭痛が引き起こされている可能性もあります。

まぶたは筋肉の力で持ち上げられていますが、この筋肉が緩んでしまうと眼瞼下垂になってしまいます。筋肉の衰えや酷使などが影響しているのですが、年齢を重ねるとたるんでしまいがちです。筋肉が衰えると、まぶたをどれぐらい開けばいいのかを調整しているセンサーに強い力が加わってしまうため、首や肩の筋肉にも力が自然と入り、それによって頭痛を招きます。

頭痛の種類をチェック

頭痛は症候性頭痛と慢性頭痛症に分けられます。症候性頭痛は、脳腫瘍やくも膜下出血など命に関わる可能性もあるため、今回は扱いません。今回ご紹介したいのは、慢性頭痛症です。

片頭痛

名前の由来でもあるように、頭の片側が痛むことを片頭痛と言いますが、両側が痛む場合でも片頭痛と診断されることがあります。頭痛が起きる前にキラキラした光を感じるようになることが特徴的です。ドクドクと脈を打つようにして痛みが襲ってきます。

片頭痛という名称の由来は頭の片側が痛むこととされています。たしかに左右どちらか片側に頭痛が起こる場合が多いのですが、実際には4割近くの片頭痛患者さんが両側性の頭痛を経験しておられます。

出典:一般社団法人 日本神経学会
https://www.neurology-jp.org/public/disease/zutsu_s.html

緊張型頭痛

月に15日未満か、月に15日以上かで2つに分けられており、痛みは締め付けられるような感覚があります。左右対称に起こることが多いです。

緊張型頭痛は反復発作性(月に15日未満)と慢性(月に15日以上、6ヶ月以上)に分類されています。各々、頭部筋群の異常を伴うものと伴わないものに細分類されています。頭痛は30分から7日続き、圧迫されるような、あるいは締めつけられるような非拍動性の頭痛で、多くは両側性です。

出典:一般社団法人 日本神経学会
https://www.neurology-jp.org/public/disease/zutsu_s.html

群発頭痛

激しい頭痛が数週間から数か月間起こるのが特徴で、特に睡眠中には頭痛発作が起きやすく、発作時には眼瞼下垂も症状として見られます。

群発頭痛は眼周囲~前頭部、側頭部にかけての激しい頭痛が数週から数ヶ月の期間群発することが特徴です。夜間、睡眠中に頭痛発作がおこりやすく、頭痛発作時には眼の充血や流涙、縮瞳と眼瞼下垂(まぶたが下がること)などの症状を伴うことが多いのも特徴です。

出典:一般社団法人 日本神経学会
https://www.neurology-jp.org/public/disease/zutsu_s.html

眼瞼下垂が影響する頭痛は、この3つのすべてです。群発頭痛が起こると眼瞼下垂も現れやすいとご紹介しましたが、その反対ももちろんあります。眼瞼下垂による影響で筋肉が過度に働きすぎてしまうと、どの頭痛も起こりやすくなるでしょう。

もしかして眼瞼下垂かも…症状のおさらいを

  • 眠そうな顔をしているね、と言われることが増えた
  • 瞼を重く感じる
  • 瞼と目の間が離れてきたと感じる
  • 左右の目の大きさが変わってきた
  • 運転中に信号を見上げることがつらい

このような症状に心当たりはないでしょうか?これと同時に頭痛がある場合は、眼瞼下垂を引き起こしているかもしれません。症状が進んでしまうと治療法も限られてしまうため、頭痛が起きたら放置せず、眼瞼下垂の兆候がないかどうか症状をチェックしてみましょう。そして、もしも少しでも気になる症状があれば、すぐに病院で治療することをおすすめします。

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト