眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

予兆に気付いた場合の対策

このページでは眼瞼下垂の予兆と自分でできる対策法を紹介します。

こんな予兆を感じたら眼瞼下垂の疑いアリ!

眼瞼下垂は、まぶたの筋肉が衰えて垂れ下ってしまう状態のことをいいます。生まれつきのものや、老化などによる後天性のものがありますが、後天性の場合でも、眼瞼下垂はある日突然に症状があらわれるというわけではなく、予兆としてさまざまな症状が起こってきます。

まぶたが重くなるまぶたが痙攣する目を開くときにまぶたではなくおでこの筋肉を上げてしまう、頭痛や肩こりがひどくなる、といった点が挙げられます。眼瞼下垂はひどくなると、視界が悪くなることによって転倒したり、眼精疲労からくる頭痛や吐き気、交感神経の緊張などが生じてきます。

自分でできる対策で眼瞼下垂の症状悪化をストップ

眼瞼下垂の予兆を感じたときは、症状がすすむ前に、これらを改善するための対策が必要です。

眼瞼下垂の対策として簡単な方法は、まぶたをこすらないということです。コンタクトレンズを装着する時または外す時に、ついまぶたをつまんだり、ひっぱってしまうことがあります。また花粉症などで目がかゆくなり、こすってしまうということがあります。

こうした行動はまぶたの筋肉の負担になるだけでなく、挙筋腱膜がまぶたからはがれてしまうことがあります。この挙筋腱膜がはがれることによってまぶたがたるんで、眼瞼下垂の要因となってしまうのです。

またテレビやパソコンは、見上げるのではなく見下ろすようにして利用するのが良いでしょう。

女性の場合はアイメイクを落とす際には、ゴシゴシこすらずにやさしくふき取るようにしてください。また、目に負担をかけて緊張状態になる前に、目薬をさして栄養をあたえたり、ホットタオルをまぶたの上にのせて血流を良くするというように、目を休めることも大事です。

眼瞼下垂の予兆があらわれた時は、すみやかに対策を実行して症状の悪化を未然に防ぎましょう。

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト