眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト » 瞼が下がる「眼瞼下垂」 » まぶたの筋肉と構造

まぶたの筋肉と構造

眼瞼下垂をよりくわしく知るために、まぶたの筋肉や構造について調べてみました。目を開くメカニズムや眼瞼下垂の治療法についても解説しています。

まぶたの仕組みと眼瞼下垂の関係

一見小さなスペースしかないように見える上まぶたも、さまざまな組織で複雑に構成されています。主要の筋肉(組織)がこちらです。

まぶたの筋肉や構造

引用元HP:視力ケアセンター
https://www.shiryoku15.jp/eyelidptosis

  • 眼輪筋…目の周りを取り巻くまぶたを閉じるための筋肉。
  • 瞼板…コラーゲン繊維の塊で、まぶたを補強する骨格の働きを持つ組織。
  • 眼瞼挙筋…まぶたを開けるときに使う筋肉。
  • 挙筋腱膜…瞼板と頑健挙筋をくっつけた状態に保つ組織。
  • ミューラー筋…挙筋権幕の裏にあり、眼瞼挙筋と瞼板をつなぐ筋肉。
  • 眼窖脂肪…眼球のまわりを覆っている脂肪。

まぶたをあける仕組みに重要な2つの筋肉

まぶたを開く動作に直接関わっているのが『眼瞼挙筋』と『ミューラー筋』という2つの筋肉。これらの筋肉が収縮することで、瞼板というまぶたの縁にある組織が引き上がって、目を開くことができます。

眼瞼下垂の場合は、この瞼板と筋肉の結合がゆるんでいたり、眼瞼挙筋自体の力が弱くなっている状態です。そのため、筋肉の収縮がうまくできずに、目が開きにくい、まぶたが重いなどの症状が出るようです。

目元の治療はリスク有り!クリニック選びは慎重に

眼瞼下垂の治療で行うことは、この一連の動作がスムーズになるようにすること。瞼板を固定したり、眼瞼挙筋を短縮したりと方法はさまざまですが、高度な技術を必要とする手術に変わりはありません。

とくにミューラー筋のような自律神経と連動する大切な組織もあります。万が一傷つけてしまった場合には、頭痛やめまい、自律神経失調症などを引き起こす可能性も…。

治療を受ける際は、クリニックの知名度だけで選ばず、ドクターの実績や評判を調べたうえで慎重に行うのがおすすめです。

院長が施術を担当
眼瞼下垂治療で評判のクリニック|東京版

美容外科専門医

院長:筒井裕介

  • 切らない眼瞼下垂
    216,000
  • 眼瞼下垂施術(切開)
    324,000
初診料
tel:03-6228-6617
無料

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医

院長:真﨑信行

  • 埋没式挙筋短縮(切らない)
    400,000
  • 眼瞼下垂(切開)
    600,000
初診料
tel: 03-5428-4225
5,000円

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医(JSAPS)

院長:池本 繁弘

  • 上眼瞼たるみ取り手術
    300,000
  • 眼瞼下垂(開瞼増大術)
    500,000
初診料
tel:03-3272-5666
2,000円

公式サイトへ

調査基準・定義※1:2019年5月27日時点で美容医療の口コミ広場の掲載情報を参照。眼瞼下垂治療を受けた方が書いたレポート評価☆3以上、投稿口コミ件数100件以上、クリニックの総合満足度☆4.3以上の条件のもと、東京にある美容クリニックを調査。その中から院長が施術を担当してくれるクリニック3院を紹介します。このサイトにおける名医表記はあくまで上記の定義に該当したクリニック・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。

眼瞼下垂に治療について:眼瞼下垂の程度により治療内容はことなりますが、まぶたが重くなって開きにくくなったまぶたを治療することで、視野を広げ改善する治療法。
眼瞼下垂手術の費用:保険適用であれば、数千円〜数万円程度。自由診療になると20万〜60万程度となり、クリニックによって金額が大きく異なる。
眼瞼下垂の治療期間:2週間程度の腫れ。切開をする治療の場合、術後に抜糸が必要。腫れがきれいにひくまでは数ヶ月程度かかる。
副作用・リスク:左右差、瞼の違和感、内出血、腫れがなかなかひかないなど。また、ドライアイ、瞼が閉じづらくなる可能性もある