眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

代表的な治療法

眼瞼下垂の治療法は、大きく分けて切開法と切らない手術の2種類。ここでは、それぞれの治療の特徴や、メリット•デメリットなどをまとめました。

眼瞼下垂を改善する一般的な治療法

眼瞼下垂の一般的な治療法として知られているのが、目の上の皮膚を切除して行う切開手術です。
手術の方法は、個々の病状や重さにより様々あります。皮膚の表側から切開をするもの、まぶた裏から施術するもの、筋肉を短縮・切除するものなど、人によって最適な方法は異なるようです。

手術の種類

  • 挙筋前転法
  • 挙筋短縮法
  • 下眼瞼下制術
  • 腱膜移植 など。

●手術時間:30分~3時間ほど

費用の相場:40~70万円ほど(保険適用の場合は5万円程度で済むことも)

術後の主な流れ:

  1. 3~5日:患部に腫れや痛みが出る
  2. 5~10日:抜糸
  3. 1~3ヶ月:傷跡が薄くなり、正常な状態に戻る

切開手術のメリットとして挙げられるのは、軽度から重度まで程度を問わずに治療ができること。皮膚を切って行うわけですから、元に戻る可能性も少なく一生物の手術として受けることができます。

ただし、医師の腕によっては筋肉を傷付けてしまったり、傷跡が残ってしまうことなども…。また、腫れや痛みが強く出ることもあるため、ダウンタイムは長めにとっておくのがおすすめです

切らない治療『埋没式挙筋前転法』ならダウンタイムの心配なし!

一方、メスを使わないより安全な治療法として注目を集めているのが『埋没式挙筋前転法』という手術法。

共立美容外科の創立者でもある真崎ドクターが独自に考案したこの治療は、まぶたの内側の筋肉を糸で結ぶことで、上まぶた全体を引き上げることができるというもの。

傷跡やダウンタイムが全くないため、術後すぐに症状を改善することができます。

【真崎医院の埋没式挙筋前転法】

●特徴

  • メスを使わずにまぶたの裏側から行う手術法。
  • ダウンタイムや傷跡の心配がない。
  • 満足できない場合はすぐに元に戻せる。

●手術時間:両目で約20分

●費用:片目 25万円/両目 40万円

●術後の主な流れ:術後30分ほどで正常な目元に戻る。

真崎医院切開手術と比べると、費用も安く腫れ、痛み、抜糸などのダウンタイムの心配がほとんどないのが魅力的ですね。

仕上がりもとても自然ですから、翌日から会社に行ったりメイクをすることも可能。万が一、仕上がりが気に入らなかった場合はその場で元に戻すことができるのも、この手術法ならではです。

他にも埋没法を行う美容外科はありますが、考案者であるドクターがいる真崎医院での受診をオススメします。

手術をお考えの方は、症例写真なども気になると思います。ホームページに多数掲載されていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

<<真崎医院の切らない手術の症例写真を見る>>

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト