眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト » 眼瞼下垂治療の名医がいるクリニック|東京編 » 東京イセアクリニック

東京イセアクリニック

東京イセアクリニックの、保険の利く眼瞼下垂手術の特徴や料金を調べました。クリニックの口コミも掲載しています。

このサイトにおける名医表記はあくまで下記の定義※1に該当したクリニック・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。調査基準・定義※1:2019年5月27時点、美容医療の口コミ広場の掲載情報を参照。眼瞼下垂治療を受けた方が書いたレポート評価☆3以上、投稿口コミ件数100件以上、クリニックの総合満足度☆4.3以上の条件のクリニック

眼瞼下垂で評判の東京イセアクリニック

東京イセアクリニック

引用元HP:東京イセアクリニック(https://www.tokyoisea.com/)

東京イセアクリニックは、さまざまな美容医療を行う美容外科のクリニックです。コンセプトは「一人一人に合った治療を行うこと」。マニュアルではなく、それぞれの患者さんに合わせた手術法を提案しています。とくにエイジングケア系は口コミが多く、評判も良いようです。

東京イセアクリニックには、各診療分野の専門サイトがあります。美容整形、ボディデザイン、アンチエイジング、男性向け美容診療など、それぞれの専門分野について詳しく掲載されています。中でも二重整形の専門サイトはかなり充実しています。眼瞼下垂の手術に関しても調べることができますので、ぜひチェックしてみてください。

眼瞼下垂手術の名医がいるクリニックを見る

東京イセアクリニック眼瞼下垂手術のメニュー・料金

眼瞼下垂:575,000円

たるみの原因となる上まぶたの挙筋を短縮することで、たるみを改善する手術になります。

  • 副作用・リスク:二重のライン内に傷跡が残る可能性。
  • 手術期間:術時感は、60分程度で。5日後に抜糸をし、1ヶ月後に診察に行く必要があります。

※術後の通院日程・回数は状態により異なります。

眼瞼下垂手術の流れ

  1. カウンセリング眼瞼下垂かどうか、医師の診断からカウンセリングスタート。眼瞼下垂であると診断された場合、どのような施術をする必要があるか、そして施術後にどんなケアをするべきかなど…一連の流れを説明します。この時点でわからないこと、不安なことがあれば気軽に相談しましょう。選択する手術にもよりますが、当日すぐにでも施術が受けられるものもあれば、後日改めてとなることもあります。
  2. 術前検査施術を受けることができるかどうか、術前検査を行います。
  3. 申し込み・手術日決定カウンセリングを受け、どのような施術なのか説明を受けて納得をしたら申し込みです。別日で手術をする場合は、手術日を決定します。
  4. 洗顔・写真撮影ここからは施術当日の流れ。洗顔をしてから写真を撮影し、自分でも術後の変化がわかりやすいように撮影をすることが多いです。
  5. デザインの最終確認目をどれぐらい開くようになりたいか、カウンセリングで話したことを生かしながら仕上がりの最終確認をおこないます。
  6. 消毒・局所麻酔消毒をして、施術の痛みを感じないように局所麻酔を行います。痛みの感じ方は人それぞれ異なるため、痛みに弱い場合は伝えておくと麻酔を強めてもらえることもあります。
  7. 施術施術にかかる時間は数十分。どんな手術を受けるかによっても異なりますが、長くても1時間あれば終わります。
  8. アフターケア手術を終えてから、休憩室でゆったりと休みます。その後、そのまま帰宅可能。ただし気を付けなければいけないこともあるので、アフターケアのアドバイスをもらって自宅でのケアも行いましょう。

院長:吉種 克之医師の紹介

吉種院長は昭和61年 東京医科大学を卒業後、 昭和大学形成外科 入局。外科、整形外科、 麻酔科で研修後、大学関連病院にて形成外科、 美容外科を研修。平成7年には、神奈川クリニック勤務、理事、指導医、診察部長を歴任。 平成22年に、東京イセアクリニック診療部長へ就任。その後、東京イセアクリニック渋谷院院長就任、平成27年からは東京イセアクリニック総院長就任、銀座院院長と兼務。

  • 所属学会・資格: 日本形成外科学会 認定専門医 日本美容外科学会 認定専門医

東京イセアクリニックの口コミ・眼瞼下垂手術の評判

選んでよかった

ずっと眼瞼下垂が原因の体調不良に悩まされてきましたが、手術ができ、なおかつ審美的な面にも気を付けてくださりました。とても丁寧な対応でした。

院長先生のカウンセリングがわかりやすかった

施術前の説明は簡潔なものでしたが、質問には丁寧に答えて頂けて、とても好印象でした。

参照元:美容医療の口コミ広場
https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1101670/activity_detail/40819

初めてでも安心できる

整形が初めてとあり、緊張しておりましたがどのスタッフさんも優しく安心出来ました。

参照元:美容医療の口コミ広場
https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1101670/activity_detail/19042

東京イセアクリニックの基本情報

住所 銀座院:東京都中央区銀座6-2-3 Daiwa銀座アネックス3F
渋谷院:東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテルロビー階
アクセス 銀座院:銀座駅「C2出口」より徒歩2分
渋谷院:渋谷駅南改札より徒歩5分
診療時間 銀座・渋谷院:11:00~20:00
休診日 年末年始
電話番号 0120-963-866
院長が施術を担当
眼瞼下垂治療で評判のクリニック|東京版

美容外科専門医

院長:筒井裕介

  • 切らない眼瞼下垂
    220,000
  • 眼瞼下垂施術(切開)
    330,000
初診料
tel:03-6228-6617
無料

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医

院長:真﨑信行

  • 埋没式挙筋短縮(切らない)
    440,000
  • 眼瞼下垂(切開)
    660,000
初診料
tel: 03-5428-4225
5,500円

公式サイトへ

日本美容外科学会専門医(JSAPS)

院長:池本 繁弘

  • 上眼瞼リフト
    330,000円~
  • 眼瞼下垂(開瞼増大術)
    550,000
初診料
tel:03-3272-5666
2,200円

公式サイトへ

調査基準・定義※1:2019年5月27日時点で美容医療の口コミ広場の掲載情報を参照。眼瞼下垂治療を受けた方が書いたレポート評価☆3以上、投稿口コミ件数100件以上、クリニックの総合満足度☆4.3以上の条件のもと、東京にある美容クリニックを調査。その中から院長が施術を担当してくれるクリニック3院を紹介します。このサイトにおける名医表記はあくまで上記の定義に該当したクリニック・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。

眼瞼下垂に治療について:眼瞼下垂の程度により治療内容はことなりますが、まぶたが重くなって開きにくくなったまぶたを治療することで、視野を広げ改善する治療法。
眼瞼下垂手術の費用:保険適用であれば、数千円〜数万円程度。自由診療になると20万〜60万程度となり、クリニックによって金額が大きく異なる。
眼瞼下垂の治療期間:2週間程度の腫れ。切開をする治療の場合、術後に抜糸が必要。腫れがきれいにひくまでは数ヶ月程度かかる。
副作用・リスク:左右差、瞼の違和感、内出血、腫れがなかなかひかないなど。また、ドライアイ、瞼が閉じづらくなる可能性もある