眼瞼下垂の治療総合ポータルサイト
眼瞼下垂治療の名医がいるクリニックBEST5

眼瞼下垂治療総合ポータルサイト

サイトマップ

偽眼瞼下垂

偽眼瞼下垂とは何か、該当する症状や治療法について紹介しています。

偽眼瞼下垂とは

偽眼瞼下垂とは一見、眼瞼下垂と似たような症状を持つものに偽眼瞼下垂があります。

この場合、目周辺の筋肉に異常はないのですが、「まぶたが重く開けづらい」などの症状があることからこう呼ばれているのだそう。以下に該当する症状をまとめてみました。

眉毛下垂

加齢によって眉毛が下がった状態。顔面神経麻痺などの場合もある。

眼瞼皮膚弛緩症

上まぶたの皮膚が老化によってたるんだ状態。眼瞼挙筋に異常はない。

眼瞼けいれん

まぶたを閉じる筋肉(眼輪筋)が過剰に緊張して開きにくい状態。眼球や神経の異常によって起こることが多い。

眼球陥凹

眼球が異常に陥没している状態。外傷によるものや甲状腺の病気(バセドゥ)の場合も。

小眼球症 

先天的に眼球が小さい状態。視力が弱く、全盲の場合もある。

この他には、抗精神薬を服用することで瞼(まぶた)が下垂する場合などもあるのだそう。

いずれにせよ、目が開きにくくなることで肩凝りや頭痛の原因にもなりますから、偽眼瞼下垂の場合も早めの治療がおすすめです

偽眼瞼下垂の治療法

小眼球症のような重い病気は専門家による治療が必要ですが、眉毛下垂、眼瞼皮膚弛緩症などの老化による症状は、基本的に美容外科で治療を受けることになります。

一般的に「アイリフト」「眉毛リフト」「目のたるみ取り」などと呼ばれるメニューがそれに当たります。目の上の皮膚を切除したり、埋没法などで皮膚を折りたたむことで目元の印象を若返らせることもできるんですよ

基本的には自費診療になりますが、より美しくなれる治療でもあるので、該当する方は一度診察に行かれてみることをおすすめします。

ページの先頭へ
 
眼瞼下垂治療の総合ポータルサイト